FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

10年前私「スーパードライうめー」今の私「のどごしうめー」

日本人の所得はアベノミクスの期間を通しても実はそれほどあがっていないらしい

給与統計官僚破棄令和元年9月17日

らしい、というのは給与の統計を官僚が破棄したからだれもわからないからだ


現在日本は安倍総理を中心として1億総忖度社会となっているから統計ですら安倍総理の意に沿わなければ破棄される運命にある(すごい



でも確実に言えるのはお盆とかお正月に親戚が集まるときに以前はスーパードライを飲んでいたのにおじさんたちがのどごしとかクリアアサヒ(あの緑のやつ)をおいしいと言いながら飲んでいるという事実だ


普通人は子供が生まれて成人するまではお金がかかるから節約マインドになるが子供が家を出れば多少経済的な余裕がでて自分の趣味とかに使うお金が出てくる



で、あるにもかかわらずスーパードライではなくクリアアサヒ、のどごしを飲んでいた


消費マインドの低迷?貧困化?かはわからないが、私個人を思い出すとのどごしとかが出てきた時わたしは酒屋でアルバイトをしていたのだがお客に第三のビールとか発泡酒の違いはなに?と聞かれお酒の区分がリキュール扱いなんですよ、とか材料が違うんですよと答えていたことを思い出す


で、当時の人たちはみんな発泡酒や第三のビールを「お金がない人が節約するために飲むもの」と考えていた

実際、第三のビールや発泡酒はアルコールの税率を逃れて安いアルコール飲料を売ることを考えた結果生み出された妥協の産物だ


あれから10年、わたしは第三のビールと発泡酒が材料も製法も味も明らかにビールと違うのはわかっていながら結局のどごしとかクリアアサヒを飲んでいる


なんなら、歳が離れた弟などは最初から第三のビールをビールと言いながら買い、ビールと言いながら飲んでいる



それを見て元酒屋の店員のわたしとしてはなんか胸が痛くなってしまう


なぜなら第三のビールや発泡酒が出てきた当時、買い物客の人たちは第三のビールや発泡酒をまがい物として見ていたのにいつの間にか第三のビールや発泡酒をビールと認識したり、あるいは成人したときにはすでに第三のビールや発泡酒が市民権を持っていることで純粋な意味での(税率の意味ではなく)ビールをもはや重視しなくなっている

つまり税金のせいで本物ではなくまがい物を飲まされているのだから、言うなれば蟹ではなくかにかまぼこを蟹だと認識したり、マーガリンをバターと変わらないと言うようなものだからだ



このことは世界のビールメーカー同士の競争で考えると日本企業に長期的に見て深刻な影響を与えてきたとわたしは見ている


なぜなら世界のビールメーカーはビールをおいしくつくる努力を続けてきたのに、日本企業はビールと発泡酒と第三のビールという研究開発の力の分散が行われてきたからだ



そして何よりビールをのむという行為から税金のせいで人々が遠ざかるというのはあまりにも悲しい

そして自分までのどごし飲んでうまいと言う事実に腹が立つ


アベノミクスが始まってもう8年くらいか?(実感ないからわからんが

国民がスーパードライや一番搾りを気軽に飲めない今の日本はまだ好景気とは言い難いと思う


ちなみに北朝鮮は国民が豊かだと言える水準は「米飯に牛肉のスープ、絹の服に瓦の家」というふうに表現している

北朝鮮はまだ米飯に牛肉のスープ、絹の服に瓦の家の水準は達成出来ていないが、なら日本はどうなのさ?

と考えると、米は食べてるが、外食の牛肉はほぼアメリカ産だし、絹の服ならぬユニクロやGUやしまむらの服を着ているし瓦じゃなくスレート(瓦とは成分が違う)屋根の家に住んでいるからあんま北朝鮮と変わらない気がする


気軽にスーパードライが飲めないという事実はまだ日本が好景気ではないということを勤労統計が不正でだれにもわからなくても教えてくれるには十分な事実だ

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック