FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

弁護士法72条を廃止して司法へのアクセスを開放しろ

現在日本では弁護士でないものが弁護士の職務範囲に関わる仕事に携わることを禁止している

非弁行為といわれるものは弁護士法72条で禁止されているからだ

弁護士法第72条
弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。


で、私は非弁行為という考え方、そして弁護士法72条を廃止して弁護士の業務を開放するべきだと考えている

つまり弁護士の業務のうちごく狭い定型的な業務を弁護士資格のない企業やあるいは追加で試験を受けた司法書士などに開放するべきだと言うわけだ

つまり医師は育成するのが難しくとも切創や火傷のみを専門に治す限定的な治療者なら比較的簡単に育成できる、同じように弁護士の簡単な業務のうちいくつかを非弁行為の対象から開放するべきだと言うわけだ


例えば今でも依頼者が「白黒つけてほしい」という思いで弁護士に依頼しても「どうせ負けるから」という理由で和解に持っていこうとする弁護士がたくさんいる

これは普通の職業ではありえないことだ

例えば理容師はお客から「キムタクっぽく」と言われたら心のなかで「無理だろ」と思っていても最善を尽くすし、
整形外科の医師も「新垣結衣っぽく」と言われたら最善を尽くす
ラーメン屋もトッピングでコーンや海苔やメンマや白髪ねぎを追加することで最善を尽くしている


なのに弁護士の場合「判例だと負けるから」という理由で依頼者に和解を強要する弁護士も多いそうだ


ラーメン屋や理容師は常にお客から逃げられるリスクを負っているが、弁護士はそうじゃないから和解を強要することができるわけだ


つまり独占商売はサービスの低下につながる


だから私は非弁行為に対する処罰をなくしてもっと司法へのアクセスしやすさをすすめるべきだと思うのだ



また弁護士という職務が独占されている状態も私はおかしいと考えている

なぜなら殆どの職業は資格のあるなしにかかわらず自分でできるという選択肢や家族や友人知人にアドバイスをしたり受けたりすることが普通だからだ


例えば警察官は逮捕権と拳銃を持っている特殊な仕事だが、一般の人でも現行犯であれば逮捕できる
また、消防士は火を消すほぼ唯一の職業だが、一般の人も近隣の家に火がついたら水をかけようとする
農家も親戚や息子の力をかりてなんとかやっている人が多い
また虫歯になった歯を自分でペンチで抜くという恐ろしいことをするということは昭和は普通だったそうだ(ガクブル)


しかし、弁護士の仕事だけ弁護士だけが独占するというのはおかしくないだろうか?


弁護士が専門的だから?弁護士が依頼者の代理人だから?


なら専門家に依頼するお金がなく代理人を頼めない人は泣き寝入りしろってことか?と私は思うわけだ


非弁行為の禁止というのは公正取引委員会の言うところの優越的地位の濫用にほかならない

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
優越的地位の濫用とは,自己の取引上の地位が相手方に優越している一方の当事者が,取引の相手方に対し,その地位を利用して,正常な商慣習に照らし不当に不利益を与える行為のことです。 この行為は,独占禁止法により,不公正な取引方法の一類型として禁止されています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



切り傷を負ったり湿疹が出たときには親や兄弟や友人からアドバイスを受けるくせに、法律的なトラブルのときには親や兄弟のアドバイスを受けたり弁護してもらってはいけないというのは司法というサービスを弁護士が優越的地位の濫用によって独り占めしているに過ぎない


私は弁護士法72条を廃止して企業やグループによって弁護活動が提供され低コストの弁護活動が受けられる時代が来るべきであると提案したい

そのことが現在日本社会で放置されている個人の権利を主張できる社会の形成に役立つと思う
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック