FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

世界とあまりに乖離した日本人にはグローバルな商品は作れない

日本は人口密度が高い国だに面積あたりでは国としては世界で22位だし、山が多いことを考えると実際の人口密度はもっと高い


で、日本の企業が最近世界的な商品を生み出すことができないのか?について考えたとき、日本の人たちと世界の人たちのライフスタイルがまるで違っているからではないか?と私は考えるに至った


よく日本では通勤時間が長いということや休みが少ないということが問題とされている


確かに世界的には朝起きて徒歩や車で30分ほどかけて通勤する人は普通だが、日本のように1時間2時間かける人は少数派であると言える
さらに1日に12時間働く人が普通という状態も実はとても少ない


私が日本の人がなんで世界の社会をワクワクさせられるものを作れないか?と考えると、もしかすると日本人の生活が魅力的じゃないからなんじゃないか?と思うに至った


つまり朝から通勤電車に詰め込まれて1時間以上かけて通勤する人は、世界の人たちのように自家用車や徒歩で通勤する人たちが喜ぶものを思いつくことができないでしょ?と言う訳だ


これは日本だけじゃなく台湾韓国もそうで、それぞれ日本の植民地支配の中で受けた近代教育&精神論により長時間働いてめっちゃ詰め込み教育をすることで高度な工業製品を作る能力を身につけたのだが、台湾や韓国は今に至っても世界の人たちを驚かせる製品を発明するに至っていない


つまり最先端のパソコンやSSDやメモリを作る能力があるのに独自の製品を作る能力は無いのだ(日本の場合、ソニーはいつの間にか傍流だったおもちゃであるゲーム機プレイステーション関連とプロバイダーのネットワークサービスが売上高でも営業利益でも稼ぎ頭になっている)


私はもしかすると日本的な精神論の重視と「他人が休んでるときに働けば稼げる理論」が台湾韓国そして日本のクリエイティブさを破壊しているんじゃないか?と考える


つまり日本のバリバリ精神論で気合でなんとかすることを考えることを植え付けられた台湾韓国日本は人より働いて豊かになれるが、フランス人やイタリア人みたいに生活が豊かになる系のものを作ることが出来ないんじゃないか?と言う訳だ


例えばイタリア人フランス人はスーパーカーであるFERRARIやエスプレッソマシンのデロンギやヨーロッパのブランド物の衣料品や化粧品で日本人や台湾人や韓国人が思いつきもしないような利益率を達成している

例を出せばフェラーリの会社のROAは13%で、毎年変動してもコンスタントに総資産に対して毎年10%以上純利益を上げている、その一方で日本のトヨタのROAはたった3.6%で、売上高あたり3倍もフェラーリのほうが純利益が大きい(生産性高すぎか)


で、私はライフスタイルを変える時期なんじゃないか?と思う

つまり一極集中して満員電車という家畜運搬車で1時間以上かけて通勤するという世界的には少数派でだれも真似したくない生活をやめてもっと世界の人たちが憧れる暮らしをしてイタリア人やフランス人のような憧れられる生活をしないといけない

つまり憧れを持た生活をしてライフスタイルを売らないといけない


面白いのは、インテリアでもフランスやイタリアや北欧の直輸入や模倣したスタイルの家具はあるが、現代日本風の家具は無い

なんでか?というと現代日本の家具は結局ニトリの家具のような無個性無味無臭の無害なデザインであり、そんなものはモダンでもないし和風でも無いからだ

テレビの金持ちの自宅を訪問する番組でもフランス風やイタリア風にしている人はたくさんいても現代日本のようなニトリ風安物家具を並べる人はいない

つまり現代日本のライフスタイルは競争力がないのだ

日本人はグローバルに憧れられるようなライフスタイルを作るしかない




関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック