FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

ラグビーがなぜつまらないのは「所属」が不明瞭だからだ

ラグビー

それはいまいち日本で盛り上がらないスポーツ

ラグビーワールドカップが日本であることすら興味ない人がほとんどだろう

なんならミーハーな私の父すら興味がない

私は日本でラグビーが人気がない理由を説明できる

それは「ラグビーの代表に外人がいるから」だ

ラグビーではルール上、国籍ではなく居住している人もその国の代表になることができる

その結果住んでるだけの外人が日本代表に参加するわけだが

日本代表に日本に住んでるだけの外人が参加して日本人は応援できると思う?

まだ助っ人ならわかる

でもラグビーではそうじゃない

日本に住んでるだけの外人が日本代表のフリをするんだ

お前らのどこが日本代表だよ???そう思うからラグビー日本代表を応援する気にならないわけだ

人間が他人を応援するのは共感力があるからで、AVを見て興奮できるのも共感力があるから、親戚の子供がかわいいのも共感力があるから

共感するのは相手が自分に似ている、あるいは同類である必要がある

例えば夏の高校野球のように自分の住む県の代表校みたいにだ

でもラグビーはルール上外国人をたくさん入れられる

だから共感をしない

ラグビー日本代表にいる外国人にどうやって共感できる?


だから日本ではラグビーは人気がない


日本に数年住んだだけの外人が日本代表になれる

このことがラグビーをつまらないものにしている
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック