FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

CMの意味がわからない AU ソフトバンク

最近のCMは意味不明すぎる、マーケティングのテクニックなのかもしれないが、インパクトのある
擬音語を連呼しているだけで全然かっこよくない

[AU]





[ソフトバンク]



パッカーンとギガギガ、覚えやすさのつもりなのかもしれないが正直頭に残らない

CMには大きく分けて、企業イメージCM、ブランドCM、製品単体CM、期間告知CMがある

企業イメージCM



世界ふしぎ発見!の時に日立が流しているような「私達すごくオシャレでしょ?」みたいなイメージ植え付けCM
がこれにあたる。
ANDOROIDのCMやGoogleのCM、電力会社のCMなんかがそうだ。
企業の知名度を上げれば、同じようなサービスや商品が並んでいる時に、企業イメージが良いと、
選んでもらえる。

32型のテレビが並んでいて、フナイとパナソニックならパナソニックを何故か選んでしまうのがそれだ。
名前を知っていることがなぜか選択する理由になってしまうのだ

英語で言うと「about me」私、私達はこんな奴らですと言った感じか

ブランドCM
あるカテゴリーの製品や分野に絞ってCMを流すことで競争相手に対してその分野だけで優位に立てる

これは、CMでイメージを作り上げた、亀山モデルのシャープが上手く行ったパターンだ


同じような製品の液晶テレビであっても、「亀山モデル」のラベルが貼ってあると何故か誇らしくなるから不思議だ

images.jpg
思わず「これはいいものだ」と言ってしまう

英語だと「join me」つまりコレを買って、コレさえ買えばおしゃれな私達の仲間入り!ということだ

製品単体CMは特定の型番の電化製品や車のCMがそれだ


おっ、ポータブルMDなのに外付けスピーカーで聞けるんか!



これは、なんか他とは違う特徴をアピールすることやデザインを見せることで「コレ」を買ってもらうために流すものだ。
商品が本当に優れている時にこのCMを流すと大ヒット商品ができる英語だと「this」である

期間告知CM
これはミスタードーナツの100円セールや地方のパチンコ屋の新台入替、スーパーの特売などのお知らせである
いつ来て欲しいかを知らせるものだ。英語だとwhen「いつ」である


これらがCMを流すパターンなのだが、ソフトバンクとAUのcmはまるで意味がわからない。

パッカーンとかギガってなんなんだ?
というか、そもそもそれをさくっと教えてくれるのがCMなのではないだろうか?
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック