選挙の比例制度を無くすべき理由

ゾンビを倒すには頭を鉄砲で撃つか潰すしか無い



議員を倒すには選挙で落とすしか無い、投票によって議会の代表者を決めるとはそういうことだ。

日本のように1億人超えの国では個人が直接意見を反映する直接民主主義は難しい。
だから議員を通すわけだが、比例制度があることによって、正しい議会の形が歪んでいるように、
私は思う。

何が悪いかというと、議員の自主性が失われてしまうからだ。

比例で当選してしまうと、議員本人の実力ではなく政党の力で当選したことになってしまうので、
政党の指図に従うしかなくなってしまう



自分と支持者が増税に反対だとしても、政党がYESだといえばYESだというしか無い。
そうしないと、政党から除名され、せっかく掴んだ議員の地位を失ってしまう。


そうなれば、投票の時だけの「置物」になっている意味がなくなる

だから、選挙区で選ばれた人だけを議員にするか、全員比例にして、票を集める力のある議員が主導権を握るようにすればいい。
そうすれば、集票力のある議員は自分の支持者を連れて他の党に行ったり、自分で党を起こせる。

でも、難しいのは封建的になってしまうことだ。


群馬の小渕優子議員の場合がそれに当たり、議員本人があまり優れていなくても忠誠心あふれる周りの支持者たちが本人を支えてしまい、なまじ支持者のスタッフの皆さんたちが有能なために、議会にねじ込めてしまうのだ。


ただこれは疑惑がある議員をまた選んでしまう民度も問題だが

それから問題なのは、落とした議員が比例名簿で復活してしまうことだ。
菅直人氏が有名だが、自分の地元でNOを出されたのに議会に何故かいるというのはどうかと思う

この問題に対しては次のような解決策が求められる

落としたい議員に投票できる仕組み

例えば、自民党支持者が自分の選挙区の議員に投票するとする、でも、麻生太郎は嫌いだとする
で、その名前を書けるスペースを作っておく。
その書かれた人の票数をー1する。

ちなみに自民党に投票した人は自民党の候補、民主党に投票した人は民主党の候補しかかけなくする
こうすれば、自民党は支持だけどあいつは嫌いという候補を落とすことができる

いかがだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント