FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

最近の運転マナーの悪さと日本人のメンタルの劣化

最近、運転マナーが悪くなったと感じている

例えば住宅街の狭い道なのに40km/hくらいの速さで飛ばしたり、ウインカーなしで右左折したり、突然減速したかとおもうと路肩に停止して、停止してからハザード点灯、歩行者がいるのに歩行者の前を突っ切ろうと加速などだ


私はここ数年で間違いなく九州の運転マナーは悪くなったと感じている

昨日もスーパーの駐車場で赤い三角コーンと黄色と黒のテープで駐車禁止とある場所のすぐ前に停めるおっさん、いきなりひだりから幅寄せしてきて割り込みさらに左折する軽トラなどに遭遇したのだが、最近の車のマナーは悪い

自分だけ良ければみたいな運転が増えていて「自分だけ得なら良い」というような運転をするために交通ルールを破ったり人に迷惑をかけるから周囲が困る


つまり、割り込み運転などもここで割り込んだ俺すげー!じゃなくて、実際には急ブレーキ踏んだ後ろの人がすごいだけである


またびびったのは右折するときに私が右折レーンにいると、後ろの車が突然加速して私を追い抜いて強引に右折したときだ


まあ最近の九州の運転マナーの悪化は良くない現象だ




私が考えている九州の運転マナーが悪化した原因は日本が安全だったから日本人のメンタルが悪化したからであると考えている


日本にいると、身の危険を感じることがヨハネスブルグと比べると相対的に少ない

殺人事件の件数も暴行事件の件数も窃盗の件数も東京はパリ、ロンドン、ニューヨークよりも人口あたりの数は少ない(上海よりは多い)


そして、日本人は外国人のように武器になりそうなものを持ち歩く習慣も警察力によって取り締まられてなくしたし、穏便に済まそうとする精神性を持っているため、結果として「自分勝手に振る舞った人が得をする社会」となってしまった


しかもこの「自分勝手に振る舞った人が得をする社会」とは、法に反するわけではなく少しだけ自分勝手に振る舞うだけなので厄介で、反撃した人を攻撃する日本人の精神性もそれに拍車をかけている


反撃されないであろうという甘えの中でのわがままであると言える

例えばもし海外で危険な割り込みをしたら、信号で止まったときに引きずり降ろされて暴行をうける恐れがある



しかし日本人は「殴ったら負け」という理論を信じているので、結果としてわがままな人の専横する社会を招いている



例えば学校のイジメがおきたときに子供同士でちょっかいをかけあっているときに、直接的に被害者が即座に反撃すればいじめは1時間以内に解決するのだが、日本人はなぜか椅子を振り回すよりも「みんなで話し合おう」とか被害者がまるで納得していないのに仲直りをさせようとする


つまり加害者は日本社会では制裁を受けないのだ


その結果わがままな運転をする人が野放しになり運転マナーが悪化したのだ


まともな社会であればわがままな人は社会の中で他のわがままな人と遭遇して戦いが発生しまうのだが、日本の社会が安全で、加害者に反撃しない腰抜け社会(反撃した人をののしることすらある)であるため少数の自分だけ良ければ良い人の好き勝手を許しているのだ


いまや日本の領海にすら中国の船が入ってきて好き勝手を繰り返しているにも関わらず、日本政府が拿捕しないのも日本人の事なかれ主義の例であると言える

マレーシアもインドネシアも韓国も中国の船を拿捕したことがあるのに日本政府は警告しかしないのだ

政府ですらことなかれなのである

だから日本の運転マナーが悪くなるのは当然である

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック