FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

自分よりも賢い人が株を売り始めたら注意が必要

アマゾン・ドット・コムのCEOジェフ・ベゾスが、1900億円ほどのアマゾン・ドット・コム株を売り自分の夢である宇宙開発につかうことを決めたらしい

ジェフ・ベゾスといえば、先日離婚を決めた奥さんとその子どもたちの養育費として4兆円ほどのAmazon株を与えることを(奪われる?)決めたが、今回はアマゾン株の売却益で自分のために現金を使おうとしている


1900億円相当のAmazon株をジェフ・ベゾスCEOが売却
GIGAZINE-2019/08/01
Amazonのジェフ・ベゾスCEOが自らが所有するAmazon株のうち、18億ドル(約1900億円)相当を売却したことが明らかに



私はこの事を見て、やはり株式市場はピークにある?あるいはピークに近い、あるいはピークを過ぎた?と見ている


なぜなら本当に頭がいい人は株式を20年も30年も株式市場においておくようなことをしない

むしろ儲かる時期と儲からない時期を知っているから投資先をどんどん移動していく(だから金持ちになるわけだが)


だから、私の知る限り、アノマリー(科学的にうまく説明できないがよくある出来事)としては、金持ちや賢い人が実業の世界や株式市場から離れるときは株式市場のリスクが高いときであると言える


なぜなら賢い人や金持ちは今の株式相場が割高か割安か見分けられるので、会社が優れているからと言う理由で株式を悪い時期に持ち続けることがない


だから、賢い人金持ちが株式市場から去りゆく今、やはり株式相場は危険であると言える


私はすでに自分の判断で割安であると考えている株式と記念にのこした1株ずつの含み損株(軽はずみな自分への戒めに使える)を残して利食いを終えた


割高となった株式相場はすでに先行きを注視しなくてはいけない段階にある


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック