FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

安倍政権のアクションはいつもワンテンポ遅い

安倍政権の政治のアクションはいつもワンテンポ遅い気がする

アジアでは景気減速が始まっているというのに今頃になって賃上げで人気取りを図ろうとしている

私の経済分析によればもう景気減速に入る段階にである

ニュースによれば厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会、2019年度の最低賃金(時給)の目安を全国平均で27円引き上げ、901円にすると決めたそうだ

東京と神奈川が初の1000円超える。

 
このニュースで重要なのは全国平均でという部分だ

つまり、日本では都道府県別の最低賃金であり、地域格差を法律的に追認しているわけだ

問題は総花的に賃上げをするところで、つまり現状の地域別の格差を残したままという部分だ

つまり現状の地域別の経済格差を解決する気がないのだ 


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック