FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

九州に来るクルーズ船はすでにピークを終えた

国土交通省 九州地方整備局の集計する九州クルーズレポート 7月号によれば、九州を訪れる外国のクルーズ船は、前年度、2年前に対して2019年1月以降6月までの期間すべてで劣っている

http://www.qsr.mlit.go.jp/press_release/r1/19072201.html

私は現在タイの株式市場を弱気相場入りしたと見ていて、韓国株式市場を弱気相場の中、日本の株式市場を下落相場の手前と見ている

そして数ヶ月まえから今にいたるまで、アジアのみならず世界的に景気後退に備えて人員整理に手を付ける企業が続出している

本来、企業は景気が悪くなっても雇用を維持しようとするため雇用は遅行指標であるのだがリーマンショックの思い出があるためか、世界中の企業は人員整理に手を付けている


そしてそれは日本にクルーズ船で訪れる人たちが住む海の向こうの地域でもそうだ


九州地方整備局のデータにあるとおり、ひょっとしたらもうアジアの景気は悪化し始めていて旅行してる場合じゃなくなったのかもしれない
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック