FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

証券の世界の訳がわからん慣行

皆さんはパナソニックの社長が公の場でソニーや日立をボロクソにいうのを見たことがあるだろうか?

あるいは日産の社長がトヨタやフォルクスワーゲンを馬鹿にするのを見たことがあるだろうか?


私はない

しかし世の中には不思議な世界があるもので、アメリカの証券の世界では、証券会社の社長や役員などの市場参加者が、突然他人の会社の株式の目標株価なるものを発表する慣行がある


つまりゴールドマンサックスとかシティバンクの株式部門の人が突然「〇〇株の目標株価は@ドル」などと発表するようなことが平気で行われている


言うなれば互いに格付けしあうのだ


私はこのライバル同士や他人の会社の株価の動きを予想する不毛な慣行を不思議に思っている


なぜなら他の業界の人は他人の会社の株価の動きを予想なんてしないからだ


しかも酷いのはその発言が大いにマーケットにインパクトを与えることで、個人投資家はまるで雪崩のように犠牲になる



なぜインサイダー情報は違法なのにテキトーな目標株価の発表は合法なのか?


おかしく無いか?
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック