FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

就業中の労災事故の犠牲者(労災死)の子弟に学費を出すべき



一年間の労災での犠牲者は何人だと思いますか?
平成26年ではなんと1,000人を超えてしまっているのです

厚生労働省によると

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【平成26年の労働災害発生状況の概要】(別添:P.1~2)
1 死亡災害発生状況 ※1 (P.1)
労働災害による死亡者数は1,057人で、平成25年の1,030人に比べ27人(2.6%)増となった。死亡者数が多い業種は、建設業:377人(前年比35人・10.2%増)、製造業:180人(同21人・10.4%減)、陸上貨物運送事業:132人(同25人・23.4%増)となっている。

2 死傷災害発生状況 ※2 (P.1)
労働災害による死傷者数(死亡・休業4日以上)は119,535人で、平成25年の118,157人に比べ1,378人(1.2%)増となった。
死傷者数が多い業種は、製造業:27,452人(前年比375人・1.4%増)、商業:17,505人(同669人・4.0%増)、建設業:17,184人(同5人・0.03%減)、陸上貨物運送事業:14,210人(前年比20人・0.1%増)となっている。

3 重大災害発生状況 ※3 (P.1)
一度に3人以上が被災する重大災害は292件で、平成25年の244件に比べ48件(19.7%)の増加となった。

4 事故の型別による死亡災害・死傷災害発生状況 (P.2)
⑴ 死亡災害
高所からの「墜落・転落」による災害が263人(前年比3人・1.1%減)、「交通事故」が232人(同1人・0.4%減)、機械などによる「はさまれ・巻き込まれ」が151人(同19人・14.4%増)となった。

⑵  死傷災害
つまずきなどによる「転倒」が26,982人(前年比1,104人・4.3%増)、高所からの「墜落・転落」が20,551人(同369人・1.8%増)、機械などによる「はさまれ・巻き込まれ」が15,238人(同38人・0.2%減)となった。

⑶  重大災害
 「交通事故」が147件(前年比24件・19.5%増)、一酸化炭素中毒や化学物質による火傷などの「中毒薬傷」が50件(同9件・22.0%増)、火災などによる「火災高熱物」が14件(同8件・133.3%増)となった。

※1 死亡災害報告をもとに、死亡者数を集計
※2 労働者死傷病報告書をもとに、死傷者数を集計
※3 重大災害報告をもとに、一度に3人以上の労働者が業務上死傷または病気にかかった災害件数を集計
   なお、これらの件数に通勤中に発生した災害の件数は含まない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とある。

私が以前いた製造業の職場でも就業中の労災による死亡者がおり、
その現場を見させられたのだが、その時の犠牲者は平常時なら絶対に手を出さないような場所に手を伸ばした所を
ベルトに挟まれて圧死してしまったのだ

私たちは普段「死」に接する機会は驚くほど少ない。
なぜなら日本はメキシコやアフリカ諸国に比べれば夢のように安全だからだ

第二次大戦、太平洋戦争で数百万人の人がアジア全域で死んだりケガをしたのももう70年ほど昔の話で、
数百万人は数が多すぎて現実味がない


東北関東大震災では16000人以上が死亡あるいは行方不明になったが、
これも西日本や九州の人にとってはあるいみ他人事なのかもしれない




私にとって大きな驚きだったのはその影響の大きさだ

わたしはその労災による事故で考えを大きく改める事になってしまった


当たり前なのだが、1人の人間が産まれるには2人の親がいて、その親2人にもそれぞれ2人ずついて…
その命はカンブリア期以前からずっと続いていて…
そう考えると人間の命には大きな価値が有るといえる

もうあの家族が並んで食事をしたり何かすることはもう無い

永遠に…

そう考えるとなんだかすごい恐ろしくなってくる

そこで考えたのが。

その人にも当然家族がいて当然これからも生活を続けていくわけだが就業中の労災での死亡者の弟あるいは子供に
無償の返済義務のない奨学金を与えるべきだということだ

なぜなら、会社から慰謝料を貰えるとしても、慰謝料だけではその死亡者の子供を学校に行かせられない場合が大いにあり得るからだ。
子供が小さい場合はなおさらだ

もし3000万円受け取ったとしてもそんなものなんの慰めにもならない

あの時の「彼が」死んだ季節もたしかいまごろだった
そんなことを考えていた
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック