FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

そっちかぁあああwww 外国人実習生の受け入れと今治タオル

NHKの外国人実習生についてのドキュメンタリー番組ノーナレを見た


ノーナレはノーナレーションの略で、テロップはあるがナレーションが無く自分で考えながら見ることができる


今回は愛媛の今治市で今治タオルを作る縫製工場のベトナム人のドキュメンタリーで、外国人実習生の酷い待遇や来るためにブローカーに払ったお金、労働環境が流されていた


ネット上では「酷い」とか「今治タオル不買」とかいう意見があったが、私はあまり驚かなかった


というのも、これまで外国人実習生について調べた事があったからだ


また、私自身田舎で働いているからという事もある


ノーナレのなかでは大きく5つのテーマがあり、低賃金労働・過剰労働・生活の貧しさ・健康の侵害・ブローカーに払った高額なお金が印象に残った


このうち5つは日本人労働者も同様に被害を受けている


つまり首都圏中京圏関西地区と比べてあまりに大きな賃金格差による低賃金労働
ルールと手間ばかり増えていく過剰労働
そして働きすぎて個人の生活が貧しい生活の貧しさ
立ち仕事なのに休憩を与えない事でおきる健康被害やパンプスの教養による足の変形
派遣会社の放置によるピンはね


上記のようにだ



ベトナム人の外国人実習生に限らず日本の労働環境は酷い


で、ノーナレでは支援団体がベトナム人たちを保護したそうだ


実は私が以前外国人実習生について書いて公開を取りやめた記事がある

それを一部以下にコピペしておく


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファストフード店の中で、中年男が3人のベトナム人の女性に話をしている(なぜベトナム人とわかったかと言えば声が大きくて内容が筒抜けだったから)、日本人の中年男が話す声は大きくて彼らが農業実習生なのはすぐわかった


彼が言うには中国人は嘘つきらしい

彼の漏れ漏れな話によると「中国人が前にいたが、頑張ると言っていて自分もいろいろ優しくしたのに逃げた」そうだ


そして、そのあとベトナム人たちに「休みの日には寝てばかりいるんじゃなくて出かけろ」と言っていた


しかし私は、ベトナム人は出稼ぎに来ているのであって、物価が10倍違う国で700円のバリューセットを注文できるわけがないと思った


もし買えるとすれば仕送りしてもまだ手元にお金が残る場合だけだ

おそらく中年男が言った中国人はさっさと見切りをつけて逃げたのだろう

お金がない人ができる娯楽は寝ることくらいだ
ーーーーーーーーーーーーーー



自分はこの記事が差別的かと思ったので公開を取りやめたが、ノーナレをみて確信した

逃げて当然だと


なんせ今の日本では価値を生み出すより人件費を削る方を選ぶ経営者ばかりだから、下手な忠誠心は禁物である


NECも富士通も東芝も日立もソニーもリストラする時代である

逃げて当然だ


そしてもともと私は安倍政権が推進した外国人実習生の受け入れで、外国人実習生がブチ切れて外国人実習生による犯罪が増えると予測していたのだが、読みは外れた


むしろ逆で外国人実習生の受け入れの制度では日本人や日本の組織が恒常的に外国人実習生に犯罪行為を行い続ける傾向がある


つまり長時間労働の強要とそれに伴う健康被害、給与の一部の不払い、家賃の徴収で利益を上げようとする、外国人に圧倒的に不利な契約などの人権侵害を日本人と日本の企業や機関が行うわけだ


だから私の予測は外れた


外国人実習生が犯罪を犯すのでは無く、日本人と日本の企業や組織が外国人実習生を食い物にしてその過程で法律違反や人権侵害行為をしているからだ



しかもこの外国人実習生を食い物にする外国人実習制度は安倍政権の国家戦略特区法で、愛媛県今治市に適用されていて、これによれば今治市ではベトナム人をさらに増やす計画らしい


ちなみに今治市は加計学園の町でもある


私はこのニュースを見て今治タオル不買を決めた


今治市での奴隷労働で作られたタオルなんか使ったらカルマが詰まってそうだからだ


何より、今治タオルはメイドインジャパンじゃなくて、Made by Vietnamese(ベトナム人が作った)であり、奴隷制の下で作られていて、気分良くない


なにより「ベトナムに帰国させるぞ」と今治のタオル業者の経営者たちにベトナム人が脅されながら作られたタオルって買う気が起きないしな



この外国人実習生の制度がクソであり安倍晋三により推進されているのはまさに世界的に日本の恥であり、安倍晋三に流れる戦犯の血の汚さを示している


外国人実習生の制度の問題はなにより、わざわざ日本語を学習してまで日本を選んだ外国人を日本の人権侵害状態の中で酷使することにより毎年日本に恨みを持つ外国人を生み出してしまうと言う欠陥を持った制度であると言えることだ


こんな事を10年も続ければ大きな負の遺産ができるはずだ


愛媛県今治市は国家戦略特区で加計学園の町、そして今も奴隷制が残る汚らしい町だ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

戦犯の血って、、、
祖先は選べませんよ
あなたの大嫌いな差別じゃないんですかね、それって

たか | URL | 2019-06-26 (Wed) 13:24 [編集 ]


Re: Re: タイトルなし

> > 戦犯の血って、、、
> > 祖先は選べませんよ
> > あなたの大嫌いな差別じゃないんですかね、それって
>
>
> いいえ、そもそも戦犯を指定したのはアメリカ政府であり私じゃありません、それに差別は特定の集団に対してするものです
>
> それに戦犯というのはなんでもケチャップをかける野蛮人の国アメリカが思いついたバカな理屈で、そもそも国同士の利害争いである二国間の戦争が降伏により終了した後に戦勝国が敗戦国に領土や賠償金や戦利金を請求する以外に相手国の指導者を処刑や処罰するという事自体が近代の国際ルールに反しています(生贄を神に捧げるインカ帝国かよw)
>
>
>
> だから戦犯指定というのはようはアメリカの計略であり、軍事経済政治の指導者を処刑したり終身刑をあたえたり公職追放する事でドイツと日本の政治経済軍事を弱体化させるという試みでしかありません
>
> なんなら経済界の大物である東急の五島慶太や西武の堤や松下電器の松下幸之助はともかく、書道家や婦人参政権論者まで公職追放されています
>
>
> だから戦犯指定というのは言うなれば「サッカーポルトガル代表からクリスティアーノ・ロナウド取り上げたろ」と言うのとなんら差はありません
>
>
>
> そんな事より私が面白いと思っているのは20世紀初期と21世紀初期の時代の差があっても、やってる事が祖父と孫で似ているという点です
>
>
> 安倍総理大臣の祖父は戦前戦中に満州で活動していました
>
> 歴史に詳しくないかもしれないので補足すれば、満州は日本の傀儡国家である満州国があり、有名なラストエンペラーの愛新覚羅溥儀を皇帝としていましたが経済政治軍事の実権は日本人が押さえていて関東軍という派遣軍や満州鉄道という日本の組織が大きな存在感を持っていました
>
>
> その一方で、満州国ではいつの間にか日本による支配が長引くにつれて出先機関のはずの支那派遣部隊や関東軍や満州鉄道が日本本土からの指示を聞かなくなり、本土のコントロールから外れて経済政治経済で本国の意向を気にせず自由にふるまう傾向が表れ始めました(張作霖事件や盧溝橋事件)
>
>
>
> こうなると、ただの傀儡国家よりもさらに好き勝手にできる状態が満州にできてしまい、大日本帝国の枠組みである朝鮮半島、台湾、樺太、満州という大日本帝國の子会社たちの中に突然本国よりも自由で経済的なチャンスのある満州ができ、まるで日本本土にシンガポールができた状態?みたいな状態になってしまいました
>
>
> するとやがて満州にいた関東軍や満州鉄道や官僚たちは自分たちの権力や経済的な許認可や現金をもとに独自の利益を得ようと動き始めました
>
> そして安倍総理大臣の祖父岸信介も、当然満州で独自の利益を得ようと行動した1人です
>
> くわしくは 岸信介 満州で検索してください
>
>
> そして現代の今、安倍総理大臣は今治市(などの幾つかの都市)を、国家経済特区にして、日本の中に他の場所よりも自由で経済的なチャンスのある場所を意図的に作り出し、そこに経済的な許認可や金銭支援を与えることで自分の利益を得ようとしていて、やってる事が岸信介とそっくりです
>
>
> 加計学園に対する獣医学部の認可、今治市での外国人の労働者の拡大はまさに「許認可権を用いて仲間に便宜を図る」ものであり、満州で活動した岸信介の行動と重なって、というかほぼ同じです
>
>
> カジノの許認可もそうですね、軽減税率もそう、エコカー減税もそう
>
>
> 本人が意識しているかいないかはともかく、彼は祖父にそっくりです

スターチ | URL | 2019-06-26 (Wed) 22:58 [編集 ]


岸のことは、昔々 二キ三スケという言葉を
祖母から聞いていたので、満州との関わりも
それなりに知っています
私ジジイ入ってますねw
丁寧な返信ありがとうございました
この書き込みには、返信いりません

たか | URL | 2019-06-27 (Thu) 00:07 [編集 ]


 

トラックバック