FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

日本の漫画や映画からオリジナル性が無くなった

最近の漫画やアニメの作品を見て思うのはオリジナルの世界設定やストーリーがなくなったという点だ


つまり漫画家が考えた物語ではなくて、歴史上の人物をモデルにしてその人生をそのまま漫画にしたりあるいは少し改変しただけで漫画を書こうとしている漫画がとても多い


たとえばヤンマガのアルキメデスの大戦とか、信長の〇〇みたいな作品と言えば良いだろうか?


私が疑問なのは史実である出来事を漫画で描き、ウィキペディアで調べた程度の浅い情報を載せて漫画だと言い張る今の漫画家の浅はかさだ


学研や小学館の歴史漫画である日本の歴史かよと思うのだ


本来なら漫画家は独自の世界観で架空の世界架空の人の物語を書き、読者が感じた疑問や矛盾が物語の進行とともに解明されていくのが本筋のはずだ


しかし歴史上の人物の一生の漫画は、みんなストーリーを知っているからまるで面白くない


つまり作品の肝であるあらすじがバレているのだ


また幼女戦記のように〇〇時代に幼女がみたいな感じの作品で、世界観は現実の20世紀みたいなのも多い




思うに安打を狙いすぎだと思う

もちろん大河ドラマや時代劇の漫画はどうなのさ?という意見があるのは私も認める、しかし同じ史実の人物を扱っていても、大河ドラマや時代劇の漫画が歴史上の人物の人生を書いただけの漫画と違うのは、戦闘シーンがある事だ


実際、大河ドラマも時代劇の漫画も幕末や戦国時代で国民はだいたいストーリー(関ヶ原は東軍が勝つ、新撰組は薩長に敗れる)を知っているのだが、大河ドラマや時代劇の漫画はチャンバラや戦闘シーンがあるから見てるという人は結構多いと思う


だから、戦闘シーンを大きく省略した西郷隆盛の大河ドラマでは、不満の声が上がった


日本人は平和ボケしてるくせに、一部にはチャンバラや戦闘シーン好きが結構いるからだ


しかし、心理描写やチャンバラのシーンがある時代劇の漫画ならともかく、史実の人物を扱っただけの漫画は当然戦闘シーンもチャンバラシーンも手抜きで、言うなればジャッキーチェンが戦わないみたいなものである


だからつまらない


また安易なグルメ路線もやめてほしい


たとえばタイムスリップやワープをして昔の人やファンタジーの世界の人に居酒屋メニューみたいな料理を食わせて「うまい」と言わせるアレだ

アレなんかも日本スゴイですねみたいでやになる


史実の人物にまで日本スゴイですねをさせるなと言いたい


そして日本映画はさらに酷く、日本の脚本家は総じて無能なため、漫画を原作として映画を撮ることが横行している


しかもそれを劣化コピーするのだ


しかもストーリーを少し改変してだ

だから日本映画はつまらないのだ


日本では現在コンテンツがやばいことになっている


例えば艦これのようにただの女子高生の格好のアニメキャラクターに旧日本海軍の艦船の名前をつけたり狂っている


独自の世界観を持つ作品が増えて欲しいと思う
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック