FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

エキゾチックアニマルを禁止すべき

栃木県の渡良瀬川でワニガメが見つかり警察に捕獲されたそうだ


もちろん栃木県はいくら田舎とはいえワニガメの原産地ではなく、捕まったワニガメは栃木県の外から持ち込まれた外来種である

日本はもともと孤立した地理的条件の為、日本在来種はもともと陸続きだったと言われる朝鮮半島と少し違った生物が生きづいている

これは氷河期が終わると同時に日本列島自体がユーラシア大陸から切り離されたからである


で、日本には見栄えがする動物があまりいない

つまり虎とかライオンとかヒョウとか象とか水牛とかフラミンゴとか狼などだ

もちろん日本にもナウマン象という象がいたとされるけどだいぶ昔に絶滅したし、ニホンオオカミもニホンカワウソも絶滅してしまった

だからかわからないが、日本人は昔からアマゾンやボルネオなどで採集された昆虫を見る大昆虫展みたいなイベントが好きである


また好きが高じてコーカサスオオカブトやアトラスカブトなどを自分で飼う人やヤバイ人になるとオーストリア原産の巨大なゴキブリをペットにする人すらいて、日本はある意味無法地帯である


何より危険なのはニシキヘビやワニを飼おうとする人であり、私は日本の川にナイルワニやメガネカイマンが繁殖したらと思うと恐ろしいと思う


で、なぜかわからんが珍しい動物好きの人は危険な生物が好きであることが多く、でっかい昆虫の標本でやめときゃ良いのにタランチュラや毒のある蛇やワニやピラニアをネオンテトラ感覚で飼おうとする


するとやがて巨大化すると飼いきれなくなり、栃木県のワニガメのように川や池に逃がすのだ


だから私はエキゾチックアニマルの輸入は原則禁止すべきであると思う


日本の川にでかいワニが住み着いたら完全排除はほぼ無理だからで、しかもワニは泳げる種もいて、河口から海を泳いで全国に広がっていく恐れすらある


そうなれば川で遊ぶ子供がワニに襲われてローリングをされると言う地獄絵図になってしまう恐れがある


私が言いたいのは、生息地から動物を持ってきて飼うのではなく、むしろ人間が生息地に見に行けよと言うことだ


これは観光でも同じで、東大寺の大仏を写真で見るのと現場に行って見るのとでは全然違う印象を受ける

同じく、自宅でプラスチックのケースの中でワニガメを飼うのと現地で見るのとでは印象が大きく違うはずだ


だからペットショップで買わずに現場に見にいけと言いたいのだ


日本のおかしいところは環境を整えずに動物を飼おうとする点で、例えば海外の動物園ではそれぞれの動物の展示エリアが広く作られているのだが、それでもまだ動物園は問題だと言う人がいる

しかし日本の動物園がおかしいのは、毎日数十キロを移動するような動物を50×50mも無いような狭いところで飼おうとすることで、なんなら日本の動物園にいる動物よりもミャンマーで長年軟禁されていたアウンサンスーチーの方がまだ自由だったと言える


動物園がこうなのだから、もちろん一般人も同じで自分もワンルーム暮らしのくせに蛇や珍しい亀を飼おうとする


だから外に逃がそうとするわけだ


日本のようにアニマルライツがない国で動物を飼うのは良くない


エキゾチックアニマルの飼育を禁止して日本人が現場に見にいく方式に変えるべきだ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック