FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

日本の報道機関、政府関連、企業よ!YouTubeのコメント欄を無効にするな

最近、日本の報道機関や政府、企業がYouTubeに公開している動画でコメント欄が最初から無効にされている例が増えている



つまり動画をYouTubeで公開してみんなから見て欲しいけど、厳しいコメントを受け入れるつもりがないという考えによる行動で、もちろんアニメアイコンのクソ野郎や日の丸アイコンのヤバい奴らがいるのは事実なのだが、ふつうのコメントすらさせないというのは、YouTubeの使い方としては間違っているような気がしてならない



なぜならYouTubeを使う時点で不特定多数に見られることは明らかであり、避けられないことだ



で、あるにもかかわらずYouTubeでみんなに見てほしいというのは虫がいいにも程がある


これは、海で遊びたいけど日焼けしたくないというようなもので、物事や行動が持つ二面性から目を逸らしている


企業や政府組織、報道機関が、YouTubeへ動画を公開しているのにコメント欄を無効にしているのは、批評を受け入れられない精神の弱さがあると思う



例えば言論プラットホームを自称しているウェブサイトアゴラにはコメント欄が付いていないし、ウェブ企業の中には問い合わせ先すらわからないウェブサイトだったり、問い合わせ先にかけたらコールセンター会社の人が出て、何も知らない人だったという事すらある


今の日本はいびつだ


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック