FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

日本の警察と自治体の問題点は情報を漏らしすぎるという点

神奈川県川崎市での連続殺傷事件の報道を見ていて思うのだが、日本の警察と自治体はマスコミに情報を漏らし過ぎではないか?と思う

ーーー神奈川県による情報漏えいーーーーー

問題点は記者会見を開いた神奈川県の担当者が事件の犯人の家族が介護(犯人の叔父か叔母)に関する質問を神奈川県にした事を、多くのマスコミに対して話したということである


本来なら行政に対して住民が質問や問い合わせをしたという事実すら個人情報である、なぜなら、相談した事を容易に漏らされたら困る人も多いからだ


しかし、今回神奈川県の担当者は犯人の家族の問い合わせがあったという事実を漏らした


これは重大な情報漏えいでプライバシーの侵害だ

もし犯罪者の家族だからという理由で「そういえばこういう相談をされました」という事が自治体から情報漏えいすれば、犯人本人の黙秘権を侵害しているし、無実の犯人の家族が被害を受ける事になる

例えば生活保護の申請をしていたというのを知られたくない人もいるはずだ

自治体が情報をマスコミに開陳することはひどいと思う

私はその事がおかしいと考えている


ーーーー警察による情報漏えいーーーー

また、日本の事件報道で嫌なのは、関係者によれば、という文脈で、事件について捜査員しか知り得ない情報がマスコミに漏れるという事だ



ある意味報道の役割というべきなのかもしれないが、問題点は捜査員は警察署の広報でもなく署長でもない匿名の捜査員であり、捜査関係者がそもそも誰なんだ?という点で、無記名記事と同じで作文である可能性がありまるで無責任だし、なんなら捜査員の誘導により、マスコミが世論を誘導する手先とされる恐れすらある


しかも現行犯逮捕ならともかく、事件後に逮捕された場合、マスコミは捜査員からの情報を受け入れて報道するため、まるで報道というより瓦版と言えるレベルに報道の信頼性が低下する


日本のマスコミは事件を報道するために裏付けを探すよりも、紙芝居みたいなフリップ芸を披露したり、守られるべき被害者の個人情報をぶちまける方を選ぶので、なおさら警察の情報を受け入れて未消化のままそのまま垂れ流す

そこが日本のマスコミの報道の問題点である


ーーまとめーー

自治体は自治体しか知り得ない情報を漏らすのはやめろ
それは警察だけに言うべきもので、全国に向けて言うことではない、それとも犯罪者の家族にはプライバシーは無いのか?
自治体に相談したと言う事実すら漏洩してはいけない個人情報なのだ

また、警察はちゃんと広報か、署長が会見に出るべきで匿名のミスターXの捜査員の情報をマスコミは報道するべきではない
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック