FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

神奈川県川崎市の事件は虎とライオンの事件だ「Hello World!」

神奈川の川崎市登戸小学生女子児童の殺傷事件について徐々に全容と生い立ちが明らかになってきている


犯人は事件直前に狂気に選んだ刺身包丁を4本購入したこと
犯人は両親が離婚後母親父親どちらにもひき取られず叔父の家で育ったこと
犯人は黒いシャツにスキンヘッドだったということ
そして犯人の名前と顔、生い立ちである


報道によれば、犯人(このブログでは名前を書かない)は切れやすい性格だったとか、周囲とのトラブルがあったなど「ありがちな報道」のテンプレートに沿った報道がされている




また犯行は計画的だったとか、精神異常者だったというコメンテーターの無責任な意見もあった


しかしながら、私からすれば両親の離婚により父母から見放され叔父の家で育ったという彼の生い立ちには大いに同情をせざるを得ない



この事実はコメンテーターの言うような「誰でも辛いことはある」みたいな薄っぺらい意見では表しきれない不幸であり、生い立ちにはかなりの原因があると言わざるを得ない


子供の時代に親から見放されると言うのは中世ヨーロッパでローマ教皇から破門されるに等しい

おそらく、叔父に引きとられて以降の彼には人間の成長期に必要な「帰る場所」みたいなものはなかったのではないかと思える



つまり居候の居心地の悪い感覚が人生に付きまとっていたのではないか?と思うのだ

で、彼は兄弟がおらず一人っ子だった事も、おそらく悪影響を与えたであろうと思う(叔父の家には義理の姉兄はいたそうだが)

それはなぜかといえば同じ境遇の感情や思い出を共有する相手がいなかったという事だからだ


そのため家族という利害を超えた関係の人間関係を理解できなかったのではないか?と思う

そして犯人の彼は切れやすい性格だったとか、周りとのトラブルがあったというが、これらの事が本当なら、彼はやはり人間関係の距離感をつかめていなかった恐れが高い

本来家族同士や兄弟同士で人間同士の距離感は培われるものだからだ


彼は親から拒絶されて育ち、気難しく育ち友人も得る事ができなかった

つまり彼は日本の神奈川県というやたら人間が多い地域の社会の中にいながら、驚くほど帰属するものを持っていない人間に育っていたのだ


人は社会性を持つ動物で、他の同種のものと、共通点を比較しあい喜んだり敵対する珍しい特徴を持っている


例えばハーバードの卒業生しか採用しないと言う伝統を持つピアソン&ハードマンという架空の法律事務所を舞台にしたアメリカの弁護士ドラマ「スーツ」では、主人公以外の弁護士であるハーヴィ・スペンサーなどがハーバード大学の卒業生である事を鼻に掛けるというトークのシーンが頻繁にあり例えば「ハーバード大学で有名な四角いピザが食べられるレストランの名前は?」とか、「ハーバード大学出身の法務長官は?」というトークが出てくる


これはハーバード大学というインテリ学校を共通点としているからできるトークだ

日本でもなぜか慶応大学の卒業生が多い会社があったりするw

あと、狭い日本の日本人同士であっても、宮崎県出身同士だから、長崎県出身同士だからという理由で友達になったり

ヴィッセル神戸のファン同士だから仲良しということや

吸ってるタバコが2人ともセブンスターだったというだけで仲良くなったりする

極端な話、スナックやキャバクラなどでは九州出身というだけで仲良くなれる(単位でかっw)

しかし、神奈川県川崎市登戸の女子児童殺傷事件の犯人は、生い立ちの中で、共通点を持ち仲良くできる相手を見つける事ができなかった


それに自分が誰かを認識することも難しかった


これは悲しい事だ


彼は日本に住み日本で暮らし日本の学校を出て日本で働いていたのに、ついに孤独のままだったのだ



この事件について私は虎とライオンの違いが思いついた

みなさんは、虎とライオンがともにネコ科である事はご存知だろうか?

そう、虎とライオンは姿かたちも生き様も大いに違うが、ともにネコ科で共通の祖先を持つ

そして、ライオンはたてがみを剃り落とせば巨大な猫そのものである事がわかる


しかし、虎とライオンは同じ檻の中に入れられると、激しく争ってしまう

どちらかが死ぬまでだ

これはなぜかと言うと、同じネコ科の動物であっても、もはや虎とライオンは仲良くするには余りにも種として違いすぎてしまっているからだ(もちろん自我のない子供の時から一緒に飼えば仲良くなるが、それでも虎とライオンは人間とペットの犬猫くらいの距離感にとどまる)、人間から見ればネコ科の動物という一括りだから「仲良くしなさい」と思うんだが、虎とライオンからすれば、相手を仲間扱いできないのだ



神奈川県川崎市での殺傷事件の犯人も、日本の神奈川に住み日本で育ち日本の学校を出て日本の職場で働いたのだが、もしかするとどこかの段階で「私はみんなと違う」という段階に至ってしまったのではないだろうか?

つまり犯人の彼は日本の社会から余りにも浮きすぎて、自分を同一や同等やには見られなかったのではないだろうか?


そうかんがえると、合点が行く


つまり犯人の彼は犯行の前まで周囲とのコミュニケーションを拒んでいた



これは周囲の人に溶け込めないと思っていたからで、避けていたのだ


そして登戸での犯行の当日、彼は挨拶をした

これをどうとればいいのか、私にはよくわからない

単純に「彼はついに日本社会に反撃することを選んだ!Hello World!」と書くには複雑すぎるのだ

彼はなぜ犯行の当日に挨拶をしたのか?私にはわからない

そして犯行の現場でかれが死んだ事で答えは永久にわからないままだ



追記:項羽について



項羽は中国の秦の始皇帝が死んだあとの時代に漢王朝の創始者である劉邦と中国の覇権を争った男


中国南部の楚という国で生まれ、武勇に優れ、各地を転戦したのだが人望に欠け、次第に劉邦に対して不利になってしまった



項羽は最後の戦いで劉邦の大軍に囲まれた後、自分が本当に強いのか確認する為に残った部下とともに劉邦の軍勢に突撃し、休息のために脱出し、態勢を整えてはまた突撃するという事を繰り返し、項羽も部下もたくさんの劉邦軍の兵士を殺した


そして、数回の突撃の後、項羽と部下たちは馬から降りて最後の突撃をするのだが、この時項羽は「なんでこんなにも強いのに天下が取れなかったのだろうか」という事を考えて、最後には絶望し、劉邦軍の兵士達に「この中に俺と同じ出身地の奴はいるか?」と聞き、名乗り出た男に「この首をやろう」と言って自刎して倒れた


項羽の体は手柄争いの兵士達によって、切り刻まれたが、戦いの後、劉邦はそれを縫い合わせて葬った


中国では項羽のことを「蓋世英雄(ガイシーインシュン)」と呼んでいる、意味は世の中を覆うほどの英雄という意味
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

え?

自民党の策略じゃなかったのか?
なんで急にトラとライオンの話になるんだよ
自民党批判は結構だけど、
単なるバカの話をこんな曲解する必要あんのかな
普段結構いいこと書いてんのに、とっても残念

たか | URL | 2019-05-29 (Wed) 18:21 [編集 ]


Re: え?

> 自民党の策略じゃなかったのか?
> なんで急にトラとライオンの話になるんだよ
> 自民党批判は結構だけど、
> 単なるバカの話をこんな曲解する必要あんのかな
> 普段結構いいこと書いてんのに、とっても残念


社会的な疎外感から、自分を周りと違うと感じてたんじゃないのか?というのを表すために書きました

犯人の思春期って、他人から見れば、親戚に預けられた可哀想な人であって、それ以上は考えないかも知れませんが、本人からすれば、親戚とは言え異質な人たちの中で生活するのは、かなり精神面できつかったであろうと思い、こう言う表現をしました

叔父と甥の関係は血縁や法律では親戚とは言え、実の家族に比べればやはりよそよそしさがあり他人行儀である事には変りません

同じネコ科の動物である虎とライオンであっても、仲良くできないように、周りから見れば親戚であっても本人同士は仲良くできるわけではないと言いたいわけです

ーーーーーーーーーーーーーーー
陰謀説についてですが、私が気になったのは、あまりに犯人側に関する情報が出るのが遅かったことと、犯人が自死を選ぶのに躊躇がなかったと言う点

そして、タイミングです


犯人はバス停で自ら首を斬りつけたと言う事ですが、これってなかなかできる事じゃありません

首を自ら斬りつけて死ぬ事を自刎と言いますが、歴史上で戦いに負けて絶望している軍隊の将軍であっても、自刎という自分で刃物を動かして首の動脈を切ると言う恐ろしいそんな死に方はできないのでお互いに剣で急所を突きあったり、切腹の場合も部下に介錯を頼んでいます

また日本での大規模な自決と言える壇ノ浦の戦いの敗戦での平家の滅亡の時には平家一門の多くが入水(溺死)を選びました


太平洋戦争時には民間人や重症の兵士が絞殺死(首を絞めてもらうあるいは首吊り)や銃による自殺や手榴弾自殺や飛び降り自殺を選びましたが、自刎する死に方はほぼ選ばれませんでした

これはやはり自刎と言う死に方が心理的な抵抗が大きすぎるのだと思います

自刎をできるというのは心理的なハードルをクリアする訓練を受けたか、人生にかなり(平家一門の人たち以上に)絶望しているかのどちらかです


そう考えると、無言で襲った事も踏まえ、犯行後即座に自刎したと言うことは訓練されているか、或いは項羽と劉邦の項羽のように、絶望の末に自刎して死んだと見る事が妥当です

私は今回のトランプ大統領の訪日で、日本は欲しくもないF35は買わされるわ、天皇はトランプに腰ポンポンされるという日本舐められっぱなし状態で、ウンザリしているのですが、結局、トランプ大統領の訪日のニュースはあまり報道されずに終わり、何が決定されたかトランプ大統領が何を望んでいるかを国民は知らないままです

もしかしたら今回の事件は今後さらに日本の自動車産業や農業分野が弱体化させられると言う事実から国民の目を逸らし…


いや、多分陰謀ではないと思いたいところです


しかし、犯人の51歳までの日常の足取りを家族以外は誰も知らないというのも違和感を感じてしまう点ではあります

スターチ | URL | 2019-05-30 (Thu) 00:24 [編集 ]


どうも

丁寧な返信ありがとうございます
この書き込みに返信は、いりません

たか | URL | 2019-05-30 (Thu) 18:57 [編集 ]


 

トラックバック