FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

アベノミクス じゃ最先端産業は生まれない

金融緩和でしかなかったアベノミクス


統計偽装により、嘘はバレた


それと同時に気がかりなのは、安倍政権のあいだに、結局日本は最先端の産業を育成することができなかったということだ


金融緩和の効果が問題なのは、金利が低くなっても融資の基準は変わらないという点だ

結局は融資を受けられるかいなかは事業の採算性に他ならない

極端な話、日本では最先端の製品よりも和菓子の方が融資を受けやすい

なぜなら、和菓子がこれまで年に何百万円売れているかわかれば、来年も同じくらい売れるであろうことは予想できるし、予測と実測の間の差には大きなハズレはないはずだ




しかし、最先端の製品では、果たしていくら売れるのか?というかそもそも売れるものなのか?ということすら、誰にもわからない

銀行の人、どころか経営者にすらである


例えば半導体を作るのに必要な露光装置というものがある(工作機械である)

これはつまり半導体に回路を焼き付ける装置なのだが、1台につき50億円以上もする
しかも露光装置の製品である半導体は技術トレンドの変化や好景気不景気で需要は大きく変動する

今日本では、ニコンとキャノンが半導体製造装置の露光装置を作る能力があるのだが、その露光装置の2年後3年後の売れ行きを予測するのは誰にとってもかなり難しいと言える

なぜなら、ある一人の天才の発明により、今までの技術が衰退する怖れがあるからだ

技術トレンドでは、例えばカメラの世界で言えば、Kodak社は自分たちでデジタルカメラを発明したにも関わらず、フィルムの販売と現像で儲けることに固執したため、自分たちの発明したデジタルカメラによって破産することになってしまったほどだ

またフロッピーディスクやMOディスク、MDも絶滅危機な商品である

好景気不景気で言えば、大規模な固定資産を必要とする製鉄所や製紙工場は好景気不景気の影響をまともに受けるため、アメリカでは不景気になると製鉄所の従業員はレイオフされてしまう
しかし好景気不景気は景気トレンドの知識に敏感な経営者であれば、先だって事業を再編成する事でダメージを減らすことができる

例えば去年の年末から今年に入りアメリカ企業も日本企業も希望退職の募集や部門の閉鎖による人員削減に手をつけたというニュースがBloombergやロイターで多く流れていて、これはおそらく企業経営者がリセッションを予想しているからであると思われる



でだ、つまり最先端の製品は技術トレンドも景気循環の影響も受けるため、誰にも見通しが立たない



だからお金を貸し出す方からすれば、最先端技術の塊よりも餡子の塊の和菓子の方がリスクが低い


和菓子屋が店舗を増やす方が半導体の製造ラインを増やすより安全なのだ




だから金融緩和をしても、アベノミクス では最先端の産業を育成することはできない


もっとリスクを引き受ける覚悟を持った資本を集める方法を考えて実行するべきだ



関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック