FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

すでに日本は検閲放送社会

テレビを見ていて不思議に思う


今のテレビは10年前と比べて明らかに情報量が減っていることに対してだ


日本のテレビは寡占状態にあり、そもそも公平ではない訳なのだが、最近はニュース番組であるにもかかわらず長すぎる天気についての話題や、スポーツについての放送の時間があまりにも長すぎて、もはやニュースがニュースの役割を果たしていないように思えるのだ


毎日毎日大雨や最高気温、大雪、雷など地球の46億年の中で数億回繰り返された天候の変化を毎日扱う意味はあるのか?



また、毎回毎回負けるだけのサッカー日本代表などニュースにする意味はない


平成中頃の以前のニュース番組であれば、もっと社会の問題(援助交際、家出少女)や政治について視聴者に訴え、考えさせるような問いかけ型のニュースを流していた

〇〇〇というニュース!けしからん!あなたはどう考えますか?

という感じ


しかし、今のテレビはニュースに対してコメントするのも考えるのもテレビの中の評論家コメンテータータレントであり、テレビの中で完結している

つまり令和のニュース番組はそのニュースに対する感想すらテレビの中で準備されていて視聴者はそれを受け入れさせられているのだ


つまらん


これは私の感想だ


政治のニュースがいつの間にか「今日の失言コーナー」になり政策に対する解説は減った


しかも野党が反論したり与党がスキャンダルを起こしたり重要な法案を通すときには必ず芸能人やタレントが東京地検や警察に逮捕されて、新しい法律の話題から国民の目をそらすように誘導される

清原の逮捕、チャゲ&飛鳥のアスカの逮捕、カルロスゴーンの逮捕などだ


思うに天気の話題もスポーツのニュースも全て検閲済の無害な報道であり、日本はすでに検閲報道の国になっている




UBIソフトから発売されているパソコンゲーム「ANNO1800」というゲームがある


これは、島を開拓して農産物や工業製品を作り貿易をしてライバルと争うというゲームなのだが、新聞の検閲によってゲームの中の世界の住人たちの世論を誘導することができる

201905201529141d2.jpeg20190520153018595.jpeg

今、安倍政権と報道機関の癒着が問題になっているが、もしかすると上記の画像のように安倍政権も深刻なニュースを検閲して無害な天気に関するニュースやスポーツの話題や芸能人のスキャンダルに報道内容を一部変更させているのかもしれない


報道を骨抜きにすれば自分の無能無策を隠せる


日本はすでに検閲報道の状態にある


数年前に比べて明らかに増加した天気に関するニュースやスポーツについての話題がそうだ

私たちは気をつけなくてはいけない

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック