FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

ホリエモンとイーロンマスクとひろゆきの違い

人間の社会にはその時々で軍事や政治や経済で勢いに乗っている人が現れる
海外であったらジュリアスシーザー、ナポレオン、始皇帝、メフメト2世、チンギスハン、アレクサンダー大王、ダレイオス大王、ロックフェラー、日本だと豊臣秀吉などだ

勢いに乗っている人はただ一人の人間であるにもかかわらず、一つの軍団よりも大きな影響力を持っていてそれを行使する

勢いに乗っている人はまるで何らかの神か天使か悪魔に力を与えられているかのように時代の流れの中心にいて、周りの人たちあるいは国はそれに対応することになる


例えばAmazonのジェフベゾスは今やアフリカの国の国家予算よりも多額の資産を持っているし、ロックフェラーは歴史上最も裕福であったと言われている
またナポレオンはフランス対フランス以外のヨーロッパを相手に回して戦った

勢いに乗っている人は時代の流れに乗っているだけあって、まるで1人対世界のような図式に見えることがある


例えばアメリカ政府の年間予算は石油産業を支配するジョンロックフェラーのスタンダード石油の年間予算よりも小さかったほどだ


IT企業全盛の現代、GAFAと呼ばれるグーグルアップルフェイスブックアマゾンは世界の並の政府よりも力があり、まさに時代の流れの中心にいると言える




さて、今、アメリカで最も有名な起業家の1人で、時代の流れの中心にいる男の1人であるイーロンマスクが一体どれくらいニュースで取り上げられているかご存知だろうか?


私の調べた範囲では過去1ヶ月で100件以上も取り上げられている


その中には

イーロンマスクが履いていたスニーカーの限定販売
テスラの株価に対する否定
地下トンネルを使った高速輸送システム
イーロンマスクがラップを披露

などがある

メディアはよってたかってイーロンマスクについて記事を書いているわけだ

まさに時代の流れの中心にイーロンマスクはいる


私はよく面白いニュースを見るために5chのまとめサイトを見るのだが、そういうサイトでホリエモンや2ch創立者のひろゆきが、批評家みたいになって感想を述べているのを見てしまうとがっかりする




なぜならかつてホリエモンもひろゆきも時代の流れの中心にいた時期があったからだ


しかし今や2人ともどう見てもオワコンであり、昔培ったネームバリューでメディアに出たりツイッターで、他人や他人のすることについて批評して批評家のように振る舞うのを見ていると

あ、こいつら終わったな


と感じてしまう


時代の流れの中心にいるイーロンマスクは単にツイッターのプロフィール欄を書き換えただけでニュースになってしまうのだが、今やホリエモンやひろゆきの言うことに興味を払うのは古参の2ちゃんねらーくらいで一般人は誰も興味を払わない


イーロンマスクがすごいのは、実行力であり批評する能力ではない

もしニュース記事の内容が正確ならテスラの株価は50ドル以下のはずだしイーロンマスクはテスラを破産させているはずだ

でもそうなっていない


イーロンマスクはウォールストリートジャーナルやニューヨークタイムズ、ブルームバーグ、ロイターに罵られ否定され続けているのにそれを乗り越え続けているのだ

資金を調達する能力がヤバすぎる

IT企業に行き詰まりプロ野球球団やフジテレビを買おうとしたホリエモンや2chを取り上げられてフランスに逃げて2ch.netとかいうバッタもんを作ったひろゆきとは全然違う

あとホリエモンチャンネルと称して小銭目当ての動画やアベマTVに出てくるというのはいかがなもんかと思う



ヘンリーフォード、ジョンロックフェラー、アレクサンダー大王のように時代の流れの中心にいる人はわき目を振らないという共通点がある


例えばヘンリーフォードは黒色のT型フォードだけを安く素早く作り続けるというただ一つのことで金持ちになったし、ロックフェラーも石油産業を支配するという目的に向けて突き進んだ、また、アレクサンダー大王は世界の果てに行くという目的によりマケドニアからインドまで進軍し、ついに彼の部下たちがインドのバンジャブ地方で「このままじゃ故郷に帰れない」と感じるまでその戦いを続けた


決して「フジテレビ買おう」などと言いださなかった


時代の流れの中心にいる人は世界を敵に回すことができる

しかし、今や地に落ちた偶像であるホリエモンもひろゆきも、私は見たくない
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック