FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析ブログ>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

いだてんの視聴率が低いのは当然、誰も東京オリンピック2020など興味を示していない

東京のテレビ「戸越銀座商店街に美味しいコロッケ屋さんがあるの」


青森県民「へー」秋田県民「へー」...沖縄県民「へー」


NHKの今の大河ドラマいだてんの視聴率が低いらしいがいだてんのストーリーは戸越銀座のコロッケと同じだ



日本のテレビは数年前から予算削減かコンプライアンスかわからんが、大げさな企画をやめて、クイズ番組、商店街めぐりバスの旅、ひな壇トーク、豆知識番組、医療情報番組など、安上がりな番組ばかりになっている


そして、そこで流される情報の多くは特定の地域に住む特定の人達にしかウケないような、退屈な番組になっている


例えばテレビ朝日のアメトーークとかがそうで、自分が知っていることだと見ている私も「そうだそうだ」と笑って見てられるが興味がない企画だと見てても面白くないので全然見ない

また、医療情報の番組もそうで、ごぼうや大根などありふれた食べ物が体にいいと言い出すので、見てても全然面白くないのだ

例えば大根にビタミンCが多いから健康にいい、とわざわざテレビで言ってもそれって医学じゃなくて栄養学じゃん、とバカにされた機がするのだ

また伊集院光とかのタレントが回答者のクイズ番組のつまらなさと言ったらありえないほどで、家族がそういう番組を見るのを横で見ているのが辛くて仕方がない


今のテレビはみんなが楽しめる普遍性がなくてつまらない

テレビは昔から低俗だと言われてきたがそれは今思えば「無邪気に楽しめた」ということを示していたのだと思う

めちゃめちゃイケてるッ!というフジテレビの番組の中で中島Pが「めちゃイケは情報なんてこれっぽっちもないから続いてんだよ!」と言っていたが言い得て妙である


ガリタ食堂とかいう食べ歩きを始めた後任のプロデューサーはすぐに飛ばされたのを考えると中島Pの言うことは一理あるのだろう


さて、九州に住む私には東京の商店街の美味しい洋食屋や精肉店をテレビで流されても全然興味がわかない

おそらく四国の四万十市とか中部地方の奥飛騨?高山?とかに住んでる人もそうなんじゃないのかな?

だってそもそも行かないし、そういう東京の商店街の精肉店ってどうせ、〇〇県産の肉じゃなくて国産牛とか国産豚とかいう出所不明の怪しい怪しい肉でコロッケ作ってんだろ?(おもうんだが、国産牛って表記怖すぎだろ、ちゃんと書けよ)


私は食べ歩き番組に興味は無いしどーせ大したことないんだろ?と思いながら見ている


いだてんのストーリーである東京オリンピックの場合、そもそも九州に住む私の親戚で「前回の東京オリンピックを見に行った」という人がそもそもおらず、新聞で読んだくらいの出来事である


つまりスターウォーズと同じ「はるかかなた遠い街での出来事」なのだ、スターウォーズだと「銀河のはるかかなた遠い昔の出来事」だったかな?


在京のマスコミやメディアは前回の東京オリンピックを国民みんなの共通の記憶としてとらえているようだが、実際には新聞で読んだ程度の出来事である


ナイアガラの滝を写真で見るのとナイアガラの滝を見に行った事があるくらいの差である


だから、NHKが東京オリンピックを盛り上げるためにいだてんなどという忖度しまくりな大河ドラマを流しても視聴率が上がるわけがないのだ


所詮東京オリンピックなどというのは石原慎太郎の一存で決まり、ブラックタイディング社に竹田恆和が送金して招致した日本の葬式だ

その証拠に東京オリンピックのロゴは紺色の市松模様で、葬式の鯨幕みたいに見える

また、メインアリーナもザハ・ハディドがデザインした近未来的な宇宙船みたいなデザインから、金銭面技術面の問題から、どこぞの(誰だっけ?)デザイナーがデザインした新デザインのアリーナはありふれたデザインになってしまい、しまいには聖火台の設置場所すら決まっていないという体たらく


おいおいおいおいwwwww


むしろ、東京オリンピックの開会式で日本の政治家財界人メディアなど既得権益者が集まったらアリーナを爆破して、日本の旧弊(古いしがらみ)を払った方が良いのではないか?と私は思うww


東京オリンピック2020は世界からも無視されていて、世界的なファストフードのチェーンであるマクドナルドもと東京オリンピック2020の公式スポンサーから外れている(平昌冬季オリンピックはスポンサーをした)


で、あるのに、いまさら大河ドラマでいだてんを見ようなどという酔狂な馬鹿が10%もいるはずはないのだ

というか東京オリンピックで走っただけの人を1年間大河ドラマにしようとよく思ったな?NHKは冷静さをなくしたのか?



いつもありがとうございMAZDA

以下は推薦図書です





エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)




ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ハードカバー – 2015/2/27
ロバート・C・ヒギンズ (著), グロービス経営大学院 (翻訳)
¥ 4,752
ポイント: 143pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修), 山口雅裕 (翻訳)

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック