FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

日本人には英語を教えるな!

日本人には英語を教えるな!

私はこの考え方を提唱する



なぜかというと、教えるというやり方は日本人には甚だ不適当なやり方であり、正しい言語教育のやり方ではないからだ


日本の英語教育はほぼ暗記科目で、まず単語、次に文法を教える

つまりセメントを準備してから鉄骨に塗りつける感じだ

しかし、これがよくない

なぜなら、単語と文法を覚えても英語はしゃべれないからだ


このことは日本人の大学生よりもただアメリカにいただけの帰国子女のほうが英語をペラペラということが如実に示している

これはなぜかというと、単語と文法は生活の中での実態に即していないからだ


単語を知っている、文法を知っている

しかし、単語帳や教科書に載っている単語も文法も生活に即していないから使えない

それは何故かと言うと、俗語を排除しているからだ

英語の教科書を見返していても英語で「あなた嘘つきましたよね?」とか「胸くそ悪い」「関節技」「しょうもない」という単語は出てこない


だから現実的ではない教育を受けていることになる


大統領が経済に言及しました、は読めても会話ができないのだwww

だから日本人には英語を教えるよりも流し込むべきだ

つまり、こう言われたらこう返せという教え方だ

文法も無視、単語も無視だ


下手に文法や単語を教えると混乱し始めるだけだ


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック