FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析ブログ>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

完全に手詰まり感のあるアベノミクス

日本経済の先行きに対する懸念が高まっている

2018年12月に目先の底を18948.58円をつけた日経平均株価は2万4000円台を再び越えることはかなり難しいと私は見ている

なにか新しいニュースを打ち出さないといけない

私はそう考える

聞き飽きたアベノミクスによる金融緩和はもうみんなお腹いっぱいであり、聞いた瞬間に「おっ!」となるような新しい産業に対する支援、新しい産業の創設のようなニュースのようなマーケットシグナルが必要なのだ


それは単に働き方改革のような「女性を男性並みに働かせて育児と家事を今までどおり押し付ける」ような労働強化のお知らせとかじゃなく「おっ!」とワクワクしてくるニュースだ

アポロ計画とかそんな感じのことだ


思うに今の自民党、今の安倍政権にはまともなブレーン、側近、参謀、軍師がいない

なぜなら、そういう人間を排除したのが安倍政権だし、そういう人間に嫌われるのが安倍だからだ

昔の本にも「優れた人は愚かなリーダーのためには謀らない」という意味の一節がある

つまり優れた人を集めるには優れたリーダーが必要なのだが、見てる限り安倍政権にはあんま優秀な人はいないっぽい

横山光輝三国志の漫画で言うならt完全に張飛と劉備が死んだあとで、蛇足部分だ


安倍政権に群がるのは政府と国家予算からいくら利権と金を引き出せるか?を考えているようなクソ野郎や意識高い系クソ女ばかりなのでしょうがない



株式市場は本質的に将来価値を高めに見積もった現在価格の集合体であり、全然理性的ではない
そのため、常に景気のいいニュースを求めているのだ


今の日本にとって不幸なことに、今の安倍政権は長期政権であるため議員歴の長い人達を記念に大臣や長官の席に座らせてあげる内閣になっている


個人的に見れば優しいと思うが、当選回数が多いだけの無能なおじさんにご褒美として短期間の大臣副大事長官の椅子をあげるというのは日本社会には大ダメージだ



本来なら優秀な順に重要なポストに座らせればいいのに「今まで応援してくれたからありがとう」という理由で大臣ポスト長官ポストをあげる


これはやばい

たまったらなんかもらえるのはヤマザキ春のパンまつりだけにしてほしいものだ



日本の経済の先行きに対する明るいマーケットシグナルが必要だ

それは国家レベルであり国民を巻き込んでいて、なおかつ凡人には理解できない(ココ大事)ようなすごいことである

逆に凡人に理解できたら、すぐに効果が見積もられてしまい過大評価にはならない


安倍政権はこの度、地方の対面2車線の道路を4車線に改修することを発表したが、そんなんじゃだめだ
田舎町の道路を4車線にしても経済効果はたかがしれている
極端な話車線が2倍になっても通行量は2倍にならないことは容易に推測できる

凡人に理解できたら意味ないのだ


例えばエジプトのピラミッドを作ったファラオ(王様)は、四角い石をめっちゃ積み上げることでピラミッドを築き上げた

当時の人達にとってはおそらく理解できなかったはずだ「こんな直射日光の下で汗だくになりながらわざわざ石で山を築く必要があるのか」を

しかし、エジプトのピラミッドはエジプトにとって公共事業としては長期的に見てインフレを差し引いても天文学的なリターンを生み出している
なぜならローマ帝国の時代からすでにエジプトにはピラミッドを見るためにたくさんの観光客がやってきたし現代でもピラミッドを見るためにたくさんの観光客がエジプトを訪れている

私から見れば「石を積んだだけじゃん」と感じる

実際、ピラミッドはめっちゃでかい石を積んだ山で、中に棺を入れておくお墓でしかない

しかし、今やピラミッドの秘密に関する本やテレビ番組などで、ピラミッドはエジプトに興味をもたせるきっかけになっていて、ピラミッドは単なる石を積んだ山であるにもかかわらずエジプトの象徴にすらなっている

しかも物理的に安定している石を使って底の面を物理的に安定している正方形の四角錐にしているからヨーロッパやアジアの世界遺産のように崩れたり壊れる部分がないためエジプト政府のエジプトのピラミッドの維持費はかなり少ない


凡人には理解出来ないが、やはりエジプトのファラオはすごい

クフ王はだいたい紀元前26世紀の時代の人らしいが、4千500年後の21世紀である未だに、エジプト人に観光業という仕事を与えている

日本もわっ!と国が明るくなる数百年後まで残るような国家プロジェクトをするべきだ


それは単に東京オリンピックのように東京限定で東京への利益誘導で、すぐ終わる世界運動会ではなく、永く世界の歴史に残り時代の象徴、国の象徴になるようなものだ


国家の先行きに対するビジョンが思いつかない、ろくな経済政策が思いつかないなら国家プロジェクトをして国が明るくなるようにしたほうが良い



昔の日本人は末永くとか末代までとか七生報国とか3代呪ってやるとかやたらスケールのでかい考え方をしていた(もちろんインド人やチベット人よりは短い)


4年毎にやってるような運動会である東京オリンピックのようなものではなく歴史に残る国家プロジェクトを今すぐやるべきだ


日本経済を盛り上げるにはこれしかない


いつもありがとうございMAZDA

以下は推薦図書です





エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)




ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ハードカバー – 2015/2/27
ロバート・C・ヒギンズ (著), グロービス経営大学院 (翻訳)
¥ 4,752
ポイント: 143pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修), 山口雅裕 (翻訳)

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック