FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析ブログ>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

外国人参政権を与えるか、彼らがもぎ取るか

最近、地元でベトナム人が川で魚をとって食べているという話を聞いた

私の中のベトナム人のイメージというとホー・チ・ミン、ベトナム戦争の当時の映像の笠をかぶったベトナム人が思いつく


人手不足(と言う名の外国人奴隷制度)によっていまや私の地元にも外国人はたくさんいる

彼らは農業や介護や工場で働いている

そんな彼らが公園の鴨や鳩を襲うというのをニュースでみたが、地元でもやってると聞くと、なんだかゾッとする



日本人は魚を食べる民族だが、今やサバイバル能力が低下していて、因数分解や積分はできる人は多いのに鯵とか鯖程度の捌きやすい魚すらさばけない人がたくさんいる


スーパーなどでは丸魚(まるざかな)はあまり売れないのでイオンなどでは鮮魚コーナーは大量の寿司、大量の切り身、大量の冷凍、そして、いくらかの丸魚というような売り方をしている

というか、サクの状態のマグロすら切りたくないのが現代の消費者である日本人なのだ

日本人にとってはもはや料理をするというスキルは重要ではない、日本社会の中にいる日本人にとってはそういう生活スキルよりも漢字をひとつでも多く覚えること、2次関数を覚えるほうが大事なのだ


一方ベトナム人は掛け算すらできない

しかし、ベトナム人の生活スキルは日本人と比べてかなり卓越している

私は鯵を丸のまま買ってきて刺し身をつくることはできるが、ベトナム人のように公園や川のほとりにいる鳩や鴨を捕まえて胸肉、もも肉にするスキルはない

これはつまりベトナム人は生活に直結する生活スキルが日本人より優れているからできるのである





私が思うに日本人は高度な工業化社会を築く中でいつの間にか人間としての基本的な生きるスキルを失ったと思われる


だから、貧困状態に置かれた人が「おにぎり食べたい」と書き残して餓死してしまうような生物としてひ弱な状態に陥ってしまうのである


もし生物としての生活スキルがあるならば、団地の敷地や堤防でかってに家庭菜園やってる中国人や、川で魚とってるベトナム人のように生き残ろうとするはずなのだ



というか、ガチで死にそうな人が生活保護を受けにくい日本社会であるにもかかわらず自力救済が禁止っておかしいよな?

そもそも二次関数よりも鳩の捌き方のほうがどう考えても役に立つよな????





で、今の日本人が鳩や鴨を捕まえて食べるということをしないため、日本の鳩や鴨はかなり警戒心をなくしていて鳩なんか平和の象徴というより平和ボケの象徴かよっていうほど逃げない


これは日本の鳩が生物としての本能を失ったと言える


つまり逃げるべきときに逃げないで、襲われやすい状態にある




これは日本人と似ている、日本人は日本の平和ボケした鳩と同じで生物としての本能を失い「手を出したら負け」とか「話せばわかる」「穏便に済ます」みたいな、日本限定ルールを社会で採用している



しかし、そんな日本限定ルールは所詮日本限定ルールでしかなく日本人しか束縛できない


日本政府、外国人から金を絞り出せると信じている介護施設の経営者、農家、工場経営者などは、日本につれてきた外国人に日本のルールを守るように要求している

しかし、外国人は所詮「日本に来た外国人」できない


彼らを日本のルールに従わせられると信じているほうがおかしい


日本では理不尽を耐えることを美徳だと考えているが、外国人は理不尽に対して話し合うのではなくぶつかり合うことで解決しようとする

つまり、片方がつばを飲み込んで耐えるのは世界のスタンダードではないのだ


するとどうなるかと言うと日本に滞在している外国人が参政権を欲しがるようになる


つまり、外国人の政治家が現れ始める


しかもこの流れは地域の外国人が一定数を超えるとおそらくとめられなくなる

なぜなら断れば暴力に訴えることが可能になるからだ


アメリカ合衆国に併合されて滅亡したハワイ王国は、白人の移住者がアメリカ合衆国から多数やってきて、白人移住者がクーデターをおこし、それを口実にアメリカ合衆国の軍艦がハワイ王国にやってきたことでハワイ王国はアメリカ合衆国に併合されてしまった

同じように日本のある地方で外国人が増えすぎると彼らは独立を志向する恐れがある


もちろん外国人に選挙権を与えないというオプションもあるが、結局外国人の人数が一定数以上になれば武力によって彼らは手に入れようとするから同じだ


その時「手を出したら負け」「争うなんてみっともない」「わかってくれる」という日本限定ルールを信じている日本人は平和ボケした日本の鳩のように簡単に言いなりになってしまうはずだ





高度に複雑化した社会ではいつの間にか学力や財力が物理的な暴力よりも価値があるように変化する
しかし、学力や財力、そして高度な社会が提供する法による保護は、実際に物理的な暴力に遭遇すればほぼ無力である




日本の世襲の政治家がはたしてそこまで考えているのかはよくわからない




以下は推薦図書です


エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)




ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ハードカバー – 2015/2/27
ロバート・C・ヒギンズ (著), グロービス経営大学院 (翻訳)
¥ 4,752
ポイント: 143pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修), 山口雅裕 (翻訳)

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック