FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

天皇も総理大臣もいないのに大阪都構想って馬鹿だろ

大阪維新の会の大阪都構想に疑問がある

大阪都構想では自治体を府と市から都と区に変えるという計画で、うまくやれれば世界屈指の大都市である大阪市を切り分けて区を設け自由裁量をあたえることで各区が独自の政策を実施できるというものだ


しかし、私には疑問点が有る、それは大阪都構想とは総理大臣も天皇もいないのに大阪都と変わるというものだからだ

天皇いないのに都とはどういうつもりなのだろうか?また、さらに言えば都構想は大阪の行政の構造が東京都の構造に近づくというものであって仮に都構想がなったとしても直ちに大阪に経済的政治的なアドバンテージをもたらすとは思えない



なぜなら結局の所東京都が政治的経済的に強いのは三権分立の内閣国会裁判所、に合わせて日本の古い権威である天皇家、そしてマスコミのテレビ局や出版社が集まっているという点が大きい

日本では何をするにも政府の許可を得てから商売を始めるという許可制の商売や行政がなにかやろうにも官庁から許認可を得るという手間があまりに多く、なにかやろうにも許認可を得るためには東京に事務所が必要で、各都道府県の事務所が東京に設けられていて、各道府県は無用なコストを東京都内で不動産に費やす羽目になっている

しかし問題は大阪都構想が成ったとしても三権分立の内閣国会裁判所、天皇家、マスコミは大阪に来ることはないし省庁も来ることはない


つまり大阪都構想は初めから「自分たちのちからで新しい地域社会の優位を作り出さなければいけない」政策で、政府の権力である省庁やマスコミがいない以上、実行できることも今とほぼ変わらない可能性が高い

〜〜〜〜おすすめ記事〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
略奪と言う産業
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1055.html


バフェット信者は流動資産の重要性をバフェットから学ばない
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1053.html


バイトで服装を指定するのはやめろ、バイトは正社員じゃない
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1046.html


九州東北四国で働いているパート、アルバイトの皆さんあなたは障害者だ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1043.html


釣瓶の家族に乾杯でおもった
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1041.html

新幹線のせいで日本が衰退したのかもしれない
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1038.html

地方都市が景気が良くならないのは長引いた不景気が原因だ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1034.html


日本の自動車産業、貧困化を象徴する トヨタは消滅する
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1024.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



東京にはマスコミがあり、日本テレビやフジテレビが東京の新名所や観光スポットなどをしばしば宣伝することで、全国から仕事や学校や刺激を求める若者を引き寄せている

しかし、大阪には有力なマスコミが存在せず、大阪の良いところは東京のテレビ局は放送してくれない


例えば私には東京の渋谷のスクランブル交差点よりも大阪の戎橋のほうがよほど「都市の中心らしさ」を感じるし、実際に一眼レフカメラや自撮り棒のついたスマホを取り出して記念撮影している人は渋谷より戎橋のほうが多いように感じる

また、梅田周辺もかなり多くの人が歩いていて街的にもおもしろいのだが、東京のテレビはそんなとこ絶対映してくれない



そもそも都構想は不利だ


だから都構想なんて言い出したのは所詮弁護士でしかない橋下徹の想像力の限界であり、無理とわかっていても香港のような独立行政区、一国二制度を目指すべきだったと私は思う


彼は弁護士なので既存の枠のなかでやり方を考えるが、大阪が首都である東京に並ぶにはかなり強引な力の源を持つことが不可避だ

そしてそれを持つには都構想では力不足なのだ


   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ここクリックおねがいします

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

いつもありがとうございMAZDA


以下は推薦図書です


エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)




ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ハードカバー – 2015/2/27
ロバート・C・ヒギンズ (著), グロービス経営大学院 (翻訳)
¥ 4,752
ポイント: 143pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修), 山口雅裕 (翻訳)

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック