FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析ブログ>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

消費税増税は零細企業を壊滅状態に追い込む たった18円で鳥貴族の損益は10億円も変動

テレビで北九州市の物価が安いと言っていた

と、言ってもそれは芸能人のいる東京の物価と比較してなのだから、その地域ごとの賃金水準を考えたら北九州市の物価水準は安いとは言えない

なぜなら北九州市に住んでいる人は北九州市の賃金水準の影響をうけるし、東京基準の賃金を得られないからだ

で、九州全域に言えるが、九州の昔からある家族経営や中小企業の飲食店(チェーン店含む)の定食や単品の単価は、関東や関西の企業と比べてとても安い

だから就職や進学で九州を出た人は関東や関西痴呆の食事代のたかさにびっくりする

よく、沖縄県の人が沖縄県以外の本州や九州四国などを内地というが、九州に住んでいる私も関東のチェーン店のメニューの高さを見るとやはり九州も外地なんだなぁと思う

よく、九州には関東や関西で成功したチェーン店の飲食店が進出してくるが、数年後に静かに撤退しているということがよくある

これは、関東基準の値段設定が、九州の賃金水準に見合わないため客側が利用できないから撤退するわけなのだが、関東の本社にいても経営陣はそのことにはおそらく死ぬまで気づくことは無いはずだ

で、地方に本社を持つ地元系の飲食店チェーン店は、これまでのバブル崩壊後の失われた三〇年を石にかじりつくようにして生き残ってきた

その生存戦略はシンプルで設備投資をしないというものだ

人口と地域資本が流出していくトレンドが続いた平成の失われた三〇年間は出血を抑えたものしか生き残ることができなかった

出血とはつまり、過剰な賃金、過剰な設備、新規出店計画などをしないというものだ

地元のスーパーの店舗数を調べてみたが、その企業は辺境の地域から順に閉店させていくトカゲの尻尾切りみたいなやり方をとっていた、つまり、小学校や中学校が廃校になった場所から順に閉店させていくやり方だ

地方では中小スーパーの廃業が進んでいるが、上手に退却できない企業からダメになるという現状の現れだといえる

今、アベノミクスで企業は設備投資を増やさないというが、それは当然だ、失われた30年のあいだに設備投資をしたがる経営者や企業はとっくの昔に淘汰された後なのだ


設備投資をしたがる経営者はみな死んだか廃業した後か、宗旨を変えたのだ



で、日本の田舎の飲食店はいくら政府が消費税を増税したり、コストが政府による円安誘導で小麦粉やサラダ油の値上がりで増加しても値段設定を頑なに変えずにここまできた

なぜなら上げたら客が来なくなることを知っているからだ

〇〇〇円均一の居酒屋チェーンである鳥貴族は平成元年以降、焼き鳥やビールなどすべてのメニューを一律、税抜き280円で販売し、関東の首都圏や関西を中心に店舗網を広げてきた、しかし、人手不足を背景とした人件費の高騰などを受けて、おととし10月、28年ぶりに18円の値上げに踏み切ったことで、競合する外食チェーンなどに客を奪われる形となったということで、既存の店舗の売り上げは14か月連続で前の年の同じ月を下回る状況になってしまった

3月に入り8日に鳥貴族はことし7月までの1年間の業績見通しを引き下げ、最終的な損益がこれまでの7億円の黒字から、3億5000万円余りの赤字になる見込みだと発表した



たった18円の値上げで損益が10億円も変動してしまう


日本の消費者はここまでシビアなのだ

だからおそらく消費税増税するということはそのまま地方の家族経営や小規模(10店舗以下)の飲食店チェーンにそのまま収益の低下という悪影響を背負わせることになると考えられる

家族経営の場合はいい機会だからと消費税増税を契機に廃業する店舗が多く現れることは避けられそうにない

焼き鳥というシンプルな商品を売っている鳥貴族ですら商品の値上げによる客離れが避けられないのだ

以前から日本では飲食店は家族を動員するから経営が成り立つという段階にあり、消費税増税が客離れを促し、廃業の増加を促すであろうと考えられる

九州に住んでいる人は身の回りのいつも行く飲食店の値段を注視して思い出して欲しい

10年前からどのくらい値上げがあっただろうか?

もし、増税や円安による小麦粉や油脂(サラダ油)、調味料などの値上げ分が加算されていないなら、それは企業努力という苦痛によって支えられている現状に過ぎない

沖縄県民が県外の日本を内地というが、九州の人から見てもやはり九州以外は内地なのだ

賃金水準にしても格差がある

飲食店は目に見えやすいからわかりやすいが、自民党と公明党と維新の会が目指す消費税増税はかなり大きな影響を地方に与えるであろうと私は考えています

鳥貴族株価下落東証3193



   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ここクリックおねがいします

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

いつもありがとうございMAZDA


以下は推薦図書です


エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)




ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ハードカバー – 2015/2/27
ロバート・C・ヒギンズ (著), グロービス経営大学院 (翻訳)
¥ 4,752
ポイント: 143pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修), 山口雅裕 (翻訳)

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック