FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

<悲報>安倍晋三首相、特にこれと言った有能エピソードがない

私は歴史好きなので過去の偉人の有能キャラを際立たせるようなエピソードが好きだ

例えば孟嘗君

孟嘗君の父・田嬰は斉の宣王の異母弟で、薛(現在の山東省棗荘市滕州市)に領地を持っていた。田嬰には子が40人もおり、孟嘗君の母は身分が低かった。さらに孟嘗君が生まれたのは5月5日で、この日に生まれた子は後に親を殺すと信じられていたため、田嬰は孟嘗君を殺そうとしたが、母は密かに孟嘗君を匿って育てた(ただしこの逸話は史実かどうか意見が分かれる)。孟嘗君が成人した後に初めて父に引き合わされた際、田嬰は怒りの声を上げた。すると孟嘗君は殺さねばならない理由を訊いた。田嬰が「5月5日に生まれた子は門戸の高さにまで成長すると親を殺す」という言い伝えを答えると言うと、孟嘗君は「門戸の高さを高くすれば良い」と返した。これには田嬰も思うところあって孟嘗君を許し、孟嘗君は田嬰の屋敷に住むようになった

次に武田信玄

あるとき、駿河の今川義元の正室として嫁いだ姉から大量の貝殻が贈られてきた。山国甲斐で育った信玄はこれを喜び、近習に貝殻の数を調べさせた。貝殻は2畳分あった。そこで家臣らを呼んで「お前たち、この貝殻が何枚あるか当ててみい」と命じた。ある者は5000枚、ある者は1万枚と思い思いに述べた。すると信玄は「皆的違いだ。3700枚ほどだ」と教えた。そして「わしは今まで、合戦には兵力が必要だと思っていた。だが兵力は少なくともよい。必要なのは5000の兵を1万に見せることができるように、兵を思うように動かすことこそ大事である。お前たちもこのことをしかと心得よ」と述べた。それを聞いた家臣らは「末恐ろしい若君よ」と驚嘆した(甲陽軍鑑。品第6)


最後スティーブ・ジョブズ

エレベーターに乗り合わせた社員に「キミはこの会社のためにどんなことをしてる?」と聞き、はっきり答えられない社員に怒りだして、エレベーターの中でその社員をクビにした。



かっこええなぁ

やはり歴史の中で異彩を放つ人は有能エピソード必要だよなぁ

だけど安倍総理には有能エピソードが、特に無い

いや、一応ググったけど特に無い

ほんとにない

あるなら誰か教えてほしい

少なくともウィキペディアにはなかったしグーグルの検索結果の上位ページにもなかった
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック