FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

こういうとき無い?

 私はトレンドフォロー手法で投資することがメインのやり方なので、よく株価が52週高値(つまり1年間での最高値)を更新したときに買いに入る事が多い

これは長らく横ばいだった株が動き出したタイミングにある株を探し出すために使える簡易的な手法の一つだ

で、横ばいから上昇トレンドに入ったあるいは入っている株を買うわけなのだが、上がり始めるとロケットのように急上昇してたった数週間でたちまち2倍3倍になることもよくある

だけど、こういうときない?

自分が利食った株がその後2倍になるってこと

もちろん自分の買った株が2倍にその後なるってことは目の付け所は良いのだけど途中で利食ってしまったら、もう自分はそこにはいない

株式投資は常に収益率が高そうな株(今後期待できる値動きのことで株式を発行している企業のROEやROICは関係ない)を買うことと考えているのでついつい目移りしてしまいがちなのだが、手放した株があがるとやはり胸にこみ上げてくるものがあるww

とはいえ利食ってから手放したあと急激に下落した株式も同じ位あるのだけど、やはり胸にこみ上げてくるものがある


そうその感情は「悲しみを含む怒り」だwww

もったいないという気持ちは漢字一文字だととかける

昔の心(りっしんべん)まさに的確!!!!!

昔のことを考える心

ほんと昔の中国人て天才だなぁ

だけどこういうのを乗り越え無いといけないのが株式投資なのかなぁ〜
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック