FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

仮設住宅いよいよ大熊と双葉を除き無償貸与打ち切りになる

衝撃的な地震とそれに伴う津波で受けた甚大な被害と影響は今も東北地方にのこっている
仮設住宅に未だに人が住んでいると聞くと、驚く人も多いがこれも震災の現実である

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東京電力福島第1原発事故により、福島県の帰還困難区域を含む4町村からの避難者に対し、県は27日、応急仮設住宅の無償貸与を2020年3月で打ち切ると発表した。帰還困難区域からの避難者に打ち切りの期限が示されたのは初めて。これにより福島第1原発がある大熊、双葉両町を除き、全自治体で無償貸与が終了する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^^

もとより、日本では地方では結婚し子供をもった夫婦は借家や公共住宅に住みながら新居を借りながら頭金を貯め、新築の一軒家に住むというライフスタイルが一般的だったため、震災以前から、地方には家族連れが住むのに適した近代的な住宅の在庫というものは地方には少なかった

地方にある一軒家の住宅の在庫で元の持ち主の家主が死んだ一軒家は、たいてい建物の様式が古すぎたり、そもそも建築素材が粗悪で寒暖に悩まされるような家が多い

だから地方では震災で家を失ったからと言って住宅市場にある借家にそのまま移るというのがあまりスムーズにいかない

そのためこういう仮設住宅は被災した人にとってとても重要なライフラインであるのだけれども、東北のように過疎地域では、もしかするとこの仮設住宅の無償貸与の打ち切りが地域の復興に大きな悪影響を与えるのではないかと私は考えた

と、いうのがいまの日本では地域ごとの所得水準は大きく違い、若者は学校卒業のタイミングで大体生まれ育つ地域を離れる人が半数、悪いと過半数いる

仕事を求めて、あるいはよりよい学歴を求めて移動するわけだが、仮にもし仮設住宅に住んでいた人たちが新しい住居を探すとしたら、よりよい場所に移動し始め過疎が加速する恐れがあるのではないか?と私は考える

なぜなら、今地方都市に住んでいる人たちの多くは地域に愛着があるから住んでいるだけで愛着がなくなれば別にどこへ行ったっていいわけだ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^
東京オリンピック2020に欲しい競技
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-211.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


一次産業から二次産業、三次産業へ産業構造が変化したため、もはや土地を一所懸命守る必要がなくなったからだ

だから雇用があるところにみんな移動していく

これまで無料だからという理由で地域に留まっていた人たちが今後自分で家賃を払うことになればより市街地に近かったり便利なところへ引っ越し始め、もともとの職場に通っていても住んでいるところは以前より街の方みたいな感じで変化するのではないかと思う

まあしょうがないのかなぁとは思う

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック