FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

縄張りを持とう

皆さん!私から皆さんにとても重要なことを教えましょう!
それは縄張りの概念です

水中陸上そして空中まで、あらゆる生物は縄張りを意識して生活していて、縄張りを守りながら暮らし、縄張りの中の獲物を餌として生活しています

これはアリ、ウツボ、カラス、ワニなど脈絡ない種類の動物を例として出しても、どれにも当てはまるものです

一方当てはまらない動物もいるにはいますが、しかしそれは弱い動物であることが多く

例えば海洋を群れをなして泳ぐイワシなどの小魚類、アフリカの草原のインパラ、シマウマ、渡り鳥などです

これは人間にも言えますが、縄張りを持っているものは相対的に強く、縄張りがなければ相対的に弱いと言えます

人間の場合は法の支配という概念により強いものや徒党を組んだものが、ほかから奪うという時代は多くの地域の人種で終わりを迎えています(日本では法の支配はありませんが)

法の支配のもとに、一応暴力的な縄張り争いは現在世界の多くではなくなりつつあり、縄張りは登記とか特許とか〇〇権というものに姿を変えました

ですが、生物の世界で見ることができる通り縄張りを持つものは強く、無いものは弱いと言えます

例えば農業をやりたくても勝手に堤防や他人の土地に畑を作るわけにはいきませんし、貝類の動物性蛋白質が取りたくても、日本の海は基本的に漁業権が設定されているため密漁として通報されてしまいます、それは例えば岩にこびりついているような換金性の低い貝であってもそうです

縄張り意識のある動物の世界では縄張りに侵入した敵は排除されますが、縄張りを持たない生物はお互いのプライベートなエリアを持たないため、相対的に乱雑に他の生物に扱われてしまいます

こんな感じ







縄張りを持てない弱い生物には安らげる時間はあまりありません

これがまだ戦国時代とかなら土地やものを武力で奪えるのですが、法治国家であれば武力は制限されてしまい、格差は固定されます

なぜなら法とは弱いものが一か八かで歯向かって来たときの暴力を規制するものであり、社会ですでに強いものを規制するためのものでは無いからです

そのため、日本では行政や政治は簡単に国民の資産やお金を取り上げていきますが、反抗する者はいません

※ちなみに日本では個人の権利を主張するとサヨクだと言われ、なぜか社会の敵認定されてしまいます、ですから私は日本は法治国家ではないと考えています



ですから法治国家で穏やかに生きるためには縄張りの獲得に向けて頑張らなくてはいけません
例え年収600万であったとしても

こんな↓暮らしをしていたらなんの意味もないからです



武力で縄張り(土地、利権、特許など)を奪うことができない現代では、法の支配の都合のいい解釈によって、格差は広まる一方です

悪人は不起訴で、善人の誤認逮捕は起訴猶予処分です

アホの群れで十把一絡げに扱われるのが嫌なら、自力で縄張りを獲得しなくてはいけません

そうでなくては安らげるときは訪れません

東京にある国宝は速やかに他の地域へ持ち出すべし〜脅威に備えて〜
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1244.html

新幹線で殺人未遂?斧で攻撃?6月9日 東海道新幹線で殺傷事件発生の模様荷物検査不可避か?
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1211.html

最高に狂ってる商品やっぱだめだったか
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1201.html

ひえっ!こんなの子供に遊ばせちゃダメダメ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1198.html
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック