FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

頑丈な日本車が世界の貧困層を救う

若者の車離れというニュースをよく見るが、ここ九州では自動車は必需品だ

人々は自動車を自分のスニーカーやランニングシューズのように考えていて、1kmどころか500m先に行くときですら車を出す人がたくさんいる

公共交通機関の充実した地域と違い、九州では自動車の運転は必須の技能そのものだ

だから、例え高齢者に自分がなったとしても運転しないわけにいかず、九州では時々時速40kmとかで走る老人の軽トラックや恐ろしいほど昔のモデルの軽自動車を見ることができる

日本の自動車産業は日本人のコスト意識のためか、装飾の華美さや走行性能や座席の座りやすさよりも壊れにくく安価であることを重視してきた

だから、スポーツ選手とか退職する公務員などお金を持っている人は好んで外車を買い、特に退職金で外車を買う公務員は九州では多い

そして一般人はというと、日本全国でありがちだが箱みたいなワゴン車と軽自動車のセットが家に並んでいる

現在日本の主要産業の製品である自動車は今でも国内生産されている工業製品として、海外に輸出されている

そして、そんな日本車が海外の貧乏人を助けているということを皆さんはご存知だろうか?

日本でも海外でもそうだが、小金持ちはドイツ車を買う傾向が世界的にある
これはアメリカでもそうだし、中国でも、東南アジアでも、そして、中東でもそうだ

しかし、一般人は日本車を好んで買う

実は、これ、世界の貧乏人と日本人の経済水準が同じで、ドイツ人と世界の小金持ちの経済水準が同じだからというのが、理由なのだ

ドイツ車が売れる理由

つまり日本とドイツの所得分布を考えると、日本人の小金持ちはドイツの庶民と同じ水準なので、ドイツ車を買う、これはドイツ車がいくつかの点で日本車に勝っているからで、これはアメリカの小金持ちも中国もロシアも同じである

そして世界の高所得者はベンツを買い、日本の庶民と世界の貧乏人は日本車を買う

これは金持ちと日本の庶民と世界の貧乏人が求めているポイントが違うからである

日本の庶民と世界の貧乏人は経済性能をとても重視する

というのは、日本の庶民と世界の貧乏人は自動車のトラブルに対して支出できるお金をほぼ持っていないため、壊れないことをとても重視する

なぜなら突発的に50万円程度の自動車に対する支出が発生しただけで、貧乏人は経済的に行き詰まってしまうからだ
例えばアメリカでは成人の3人に1人は貯金がなく、日本の20代は約半数が預貯金が無い

つまりいきなり「修理に40万必要です」と言われても、どうしょうもない人だらけなのだ世界は(とくに九州は)

でも現代社会ではそれは当然で、伸び悩む労働者の所得推移からすれば、もはや日本で貧乏人が預貯金することはかなり難しいことになりつつある
    また、アベノミクスは事実上関門海峡を越えることに失敗している


だから、壊れない日本車はアメリカや日本、そして世界の貧乏人に売れている

日本車はオイル交換やタイヤの溝チェックさえしておけばかなり故障率が低いので貧乏人にうってつけであり、フロントグリルがダサかったり、内装やハンドルが加水分解したり、安っぽくても、なんの走行性能には問題がない

日本車が世界で好まれていて、その丈夫さが突然の支出から貧乏人を守っている

日本車は世界の貧乏人に貢献していると言える

東京にある国宝は速やかに他の地域へ持ち出すべし〜脅威に備えて〜
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1244.html

新幹線で殺人未遂?斧で攻撃?6月9日 東海道新幹線で殺傷事件発生の模様荷物検査不可避か?
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1211.html

最高に狂ってる商品やっぱだめだったか
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1201.html

ひえっ!こんなの子供に遊ばせちゃダメダメ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1198.html
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

2017年のドイツの一人当りGDPは44,549ドル、日本は38,439ドルです。
見解としては面白いのですが、それほど大きな差がないのが現実です。

なすび | URL | 2018-07-27 (Fri) 19:53 [編集 ]


Re: タイトルなし

> 2017年のドイツの一人当りGDPは44,549ドル、日本は38,439ドルです。
> 見解としては面白いのですが、それほど大きな差がないのが現実です。

それほど?いや、差はだいぶ大きい気が・・・
あとドイツは毎年数十万人単位の移民を受け入れてますからその人たちを前提に、生まれも育ちもドイツのドイツ人だけのグループなら年収はかなり高いと思います

スターチ | URL | 2018-07-28 (Sat) 01:35 [編集 ]


ちなみに、円高だった2012年は日本は48,632ドル、ドイツは44,089ドルであり、日本の方が高いのです。
為替によって順位が入れ替わるくらいですから、実質はあまり差がないと考える方が自然です。

この手の記事を書くときは印象ではなく、数字による検証が必要です。
今後のご参考までに。

なすび | URL | 2018-07-30 (Mon) 07:06 [編集 ]


Re: タイトルなし

????

パーセンテージで考える習慣が無いようならしかたない

スターチ | URL | 2018-07-31 (Tue) 13:21 [編集 ]


 

トラックバック