FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

低く指せーーーーーーーーーーーー

リスクの大きい現在の市場環境は、投資家の行動を難しくしている

しかし、リスクの高いときこそ、投資家は小技大技合わせて生き残らないといけない

このブログで私は「低く指す戦術」を提唱しているが全然だれも賛同してくれないwww(どうやらみんな、株式投資で設けるよりもポートフォリオに有名な会社のクソ株を並べるほうがいいらしい)

この低く指す戦術は機械的なもので、いつも抱える含み損のパーセンテージ分、新しく買う株の指値を現在値から低く刺すというものだ

つまり、いつも10%の含み損を抱えているなら、新しく買うときには常に現在値より10%低く指値して、約定するまでけして指値を動かさないというものだ。いつも5%の含み損を抱えているなら、新しく買うときには常に現在値より5%低く指値して、約定するまでけして指値を動かさないというものだ

含み損を抱えやすい人はそもそも買う株、買うタイミングが間違っていることが多いので、自動的に動く戦略をつかうしかない

もちろん、指値の指せる範囲は決まっているので普段20%の含み損かかえているなら20%安く指値なんてことはいつでも可能ではないのだが、機械的に安く指値する戦術は、株えらびのセンスがない人や、優良株を長期保有したいひとにおすすめできる投資戦術だ

少なくとも、仮に10%安く買ったとすればそこからまた10%下げても、まだ心に余裕を持てる

おすすめです
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック