FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

九州にはチェーン店が少ない、そらそうさ所得が違う

九州では全国チェーン店が少ないし、来るのは一番遅く、撤退は一番早い  



昔はマクドナルドが年に1度くらい県庁所在地で食べられるご馳走で、ミスタードーナッツはそれこそ神の食べ物とでも言えるような極稀にしか食べられないものだった   



これまでもこれからもそうだが、総じて九州は平均所得が低いから、利益率を考えたり収益性をかんがえるチェーン店の本部にとっては九州はまるで魅力のない、荒れ地にしかおそらく見えていないのだと思う   



これは私の持論だが、飲食チェーン店が宮崎、鹿児島に到達したら、そのチェーンの成長は終わると、私は考えている
其れ位九州は最後のデザートでしかない(お菓子と砂漠をかけています)   



飲食チェーン店のメニューの多くは大阪や東京を基準に値段設定されていて、同じ値段を九州に適用されると貧乏九州民は、思わず足が遠のいてしまう   



マクドナルドの場合、大坂の最低賃金909円だとバリューセットを頼んでサイドメニューが追加で頼めるが、福岡除く九州の最低賃金737円だとバリューセット頼んだらサイドメニューは頼めない

ミスタードーナツの場合、一番安い水準の108円のオールドファッションは大阪だと1時間で8個食べられるが、九州(福岡除く)だと6個しか食べられない差は2個、2個ってすごい大きな差だと思いませんか?

この最低賃金の水準で見る通り、九州はチェーン店が来ても九州の住民に購買力がなさすぎてうまくいかないことがおおい

チェーン店はそれまで首都圏や中部地方近畿地方でしてきたように、周辺人口を見ながら出店地域を選ぶが、最低賃金というもっとも確実な指標ひとつとっても同じく、購買力が違うため、計算が狂うというようなことになってしまう

同じ10万人が働くとしても、九州の最低賃金なら73700000円の1ヶ月の所得で、大阪なら90900000円、東京なら95800000円の差がつく

九州は大阪と23%差、東京と30%の差があるこれがチェーン店の参入障壁(w)になっている
ちなみに九州は韓国より最低賃金が低いので、九州で安倍信者やってるやつは馬鹿

日本は宮古島では沖縄県最低賃金、小笠原諸島では東京都最低賃金を採用するという1国内で経済差別制度をとっているから九州民はチェーン店がくるのを最も最後に享受することになっている

だから九州民が県外へ行き驚くのは九州以外で全国展開しているチェーンがあることだ

全く九州は遅れた地域を約束されているのが悲しい



Echo Spot(エコースポット)は、他のEchoシリーズの機能に加えて、スクリーンがついてさら便利に。ニュースや楽曲名、天気予報、鉄道の運行状況を見たり。スマートホームのコントロールも。さまざまな機能を、声で簡単に操作
Echo Spotの頭脳となるAlexaはクラウドベースの音声サービスです。「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、ミュージックアラームのセット、Kindle本の読み上げなども簡単に
Amazon Musicなら楽曲名やアルバムアート、プレイリストを見ながら音楽を楽しめます。プライム会員なら、100万曲以上が聴き放題のPrime Musicが、追加費用なしですぐに利用できます
Bluetoothや3.5 mmステレオジャックでお手持ちのスピーカーやヘッドホンに繋いで拡張もいただけます。 マルチルームミュージック機能で、複数のEcho端末で同時に音楽を再生することも可能
話しかけるだけで、照明をつけたり、テレビをつけたり、玄関のカメラの映像を表示したりできます
Alexaには新しい機能やスキルが続々と追加されています 。Alexaに話しかけるだけで、タクシーを呼んだり、英語を勉強したり、レシピを見たり、ゲームをすることができます
Echo SpotやAlexaアプリを持つ家族や友達と、音声・ビデオ通話ができます。Alexaアプリで、外出先から部屋の様子をEcho Spotのカメラで確認することもできます(これらのコミュニケーション機能は現在日本では提供しておりません。今後対応予定です)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック