FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

上念司の間違っているポイント アメリカと日本を混同

以前上念司はこういうことを言った「いまの戦争は"ポチッとな"で終わる」

つまり弾道ミサイルとか巡航ミサイルとかが発達した現代ではミサイルの撃ち合いで終わると言いたかったのだろうか?

私もそう思う「いまの戦争は"ポチッとな"で終わる、日本は負ける」

上念司が間違っているのは現実の認識ミスだ

と、言うのは上念司みたいなヘンテコ右翼はアメリカ軍の持っているミサイルが日本のピンチに発射されるというお花畑理論を信じているということがよくある

上念司の現実無視  


上念司はなぜか、ヘンテコ右翼の妄想により、自衛隊は弾道ミサイルもトマホークみたいな巡航ミサイルも大陸間弾道弾も持っていないということをあえて無視するのだ

ロシア中国が日本にミサイルを撃つ時日本は反撃用のミサイルを持っていないという事実を忘れてはいけない

まず日本にとっての身近な脅威は中国と北朝鮮だけど、、北朝鮮は通常戦力がないから威嚇にしか弾道ミサイルを使えないし、日本まで攻める能力もない、中国が撃つときは多分アメリカと密約ができてると思う

そう考えたら中国が撃つときは密約ができたときだ

つまり、日本に弾道ミサイルが来た時反撃するためのものを持っていないから「戦争は"ポチッとな"で終わる、日本は負ける」ということになってしまうわけだ

なぜならアメリカの武器と軍隊は常にアメリカの国益に沿って運用されるので日本の国益のためには決して動いてくれない(大震災のときのトモダチ作戦は結果的に有料だった)

上念司の妄想と違い、初弾で航空基地や戦略的な拠点(関門橋、瀬戸大橋など)が破壊されるので日本は即座に反撃能力を失い負ける

アメリカは日本がいらんことしないように駐留しているのであって日本を守るためにいるわけではない

上念司のハッピーWW2  


ネトウヨ&上念の改ざんされた歴史と違い、アメリカは中国を支援して日本軍と戦ったのであって、日本軍とアメリカ軍で中国と戦ったわけではない
アメリカ軍がWW2で思想を無視してソビエトや中国共産党に資金や武器支援をしたことをまさかそれも無視する気か?

日本を抑止するためにアメリカ軍がいるのであり、中国と対峙するわけにいるわけではない

そこを忘れてはいけない

だから日本国民へアメリカ軍はヘリが墜落したり不時着してもまともに謝罪しないでいいわけだ

だから同盟国とか言っててもいつまでも常任理事国に入れてくれないしなwww

<上念の差別的沖縄取扱いと射程距離無視>
「日本のためには仕方がない」これが上念司をはじめとするネトウヨや自称現実主義者の理屈で、彼らによれば「日本の安全のためには沖縄県民が不利益を被るのは仕方がない」らしい
沖縄県民に対する差別的な発言を差別感情隠さずに堂々と言い張れるのが自称愛国者、自称右翼の怖いところだ
日本のためって、沖縄県民は日本国民ちゃうんかいww


ではまず、通常兵器の話をすると、通常兵器は地形やそれぞれの射程距離を組み合わせることで防衛態勢をつくるわけだが、まず自衛隊のFH70を考えてみてほしい   


FH70射程距離東京5km10km20km
東京駅から20km圏


現代戦ではミサイルや大砲の射程距離がとても長い(自衛隊のFH70(大砲)は通常弾でも20km以上の射程がある)し、偵察装置も発達している

そのため、相手がちょっとだけ見えただけでミサイルや砲弾を発射するということで相手のいる建物や車両を確実に攻撃できて、射程距離が長い武器同士の撃ち合いに、射程距離が短い武器は参加できない

言うなれば機関銃の撃ち合いのときに日本刀しか持っていないとできることがなにもないみたいなものだ

つまり通常兵器の場合射程距離が遠い順に攻撃が可能で、これによりヘリコプターとミサイルを持っているアメリカ軍やロシア軍がISISを一方的に攻撃するみたいなことが起きる

そして巡航ミサイル、核搭載の弾道ミサイルで考えてほしいのだが、そもそも中国は東北部や沿岸部からの弾道ミサイルを発射することで、日本全土を射程に収めているのに、果たして今更沖縄に海兵隊が数千人いてなんの抑止力の意味があるというのか?と思うのだ

繰り返すが、すでに日本全国が射程内にあるのに沖縄に抑止力って意味あんの?と私は思ってしまう

以前アメリカに対して太平洋の分割を中国は申し出たがつまり中国はアメリカと交渉により日本へのコントロールを得ようとしていた過去があるというわけだ   



日本の主権の頭越しにアメリカに太平洋の分割を申し出る、アメリカは抑止力になっていない気がする

上念の理屈が正しいなら沖縄県は日本国を離脱してアメリカの同盟国になったほうが、現状より良いと思う

と、いうのはアメリカ政府は基地を置くと発展途上国のような弱小な国にも土地の借地の家賃を払うが、現状だと日本政府は地方にカネを配る時もったいぶるし、自民党の言いなりになることを強要するし、使いみちを指定してくるからお金を好きに使えないからだ

つまり孫会社をやめて、アメリカの直接の子分になるかんじだwww
ヤクザとか侍的に言うなら直参になる

インテリ風に言うならより密接なリレーションシップを結ぶ

そんな感じだ

なんでかわからないが、ネトウヨは日本を守るためには沖縄の米軍基地が必要と言い張り日本人自体での国防を無視するwそこが不思議なところだ


エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修),

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック