FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

警告通り





1月28日に警告したどおり、世界の株価は全体的に下げている。

景気の先行きを示す資源価格が未だ横ばいを続けている中ではしばらく下げるのはしかたがないことだろう。

景気の先を読むには資源価格を読むのが一番だ、国債の金利や通貨価格は政府や投機筋の短期的な思惑が絡むが、
本質的に需給関係で取引される資源は参加者の意見を反映しやすく、トレンドも現れやすい。


例えば通貨であれば政府が通貨を安くするために介入したり、外貨を持て余して米国債を買ったりするが、
安いからといって石油先物、銅先物を買う人はあまりいない、儲けるだけなら通貨先物や株価先物のほうが流動性があり、取引しやすいからだ。

世界が不安定な以上、まだ株価の下げ資源価格の横ばいはしばらく続くだろうと考えられる。

通貨に関しては、おそらく、再び円高方向に振れると考えられる
不思議な事に世界が不景気になると日本円は上がる

円高にふれて、1ドル90円台になり、株価も下げた頃に外国株を買えばかなり儲けられるだろう。


資源価格を読むのもだいじだが、エリオット波動を勉強するのも役に立つ。
大きな本屋(丸善、ジュンクなど)にはだいたい置いているのでぜひ買って読んで欲しい


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック