FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

仮想通貨リップルについての最新の詳細と取引条件

仮想通貨リップルビットコインイーサリアムビットレートブロックチェーン技術意味効率スーパーコンピューターカリフォルニアリップル電圧

仮想通貨リップルビットコインイーサリアムビットレートブロックチェーン技術意味効率スーパーコンピューターカリフォルニアリップル電圧リップル特徴仕組みイーサリアムビットコイン
リップルの現在価格

①:「リップル」とは?

リップルは世界第3位の時価総額を持つ仮想通貨でこれはビットコイン、イーサリアムに続きます。リップルの特徴は1コイン当たりが100円未満と安価なことでこの事が投資対象となってしまっているビットコインと違い実際にお金のやり取りに使われる理由になっています。1コインが100万円前後もするビットコインでは仮に1万円送ろうとすると約0.01ビットコインとなり小数点以下表示になってしまいまうからです。リップルは仮想通貨の取引所ではXRPという略称を与えられていますちなみにリップルとは仮想通貨のシステム全体を指していてそこで使える通貨がXRPであるためリップルの略称はXRPというわけです。リップルは時価総額は約3兆3000億円に上ります。リップルはカナダのWeb開発者であるRyan Fuggerにより開発が始められ、その後から現在に至るまではアメリカ合衆国カリフォルニア州のソフトウェア企業であるRipple, Incにより開発され支払いシステムとして生み出されました。

①-1:「リップル」の特徴・仕組み
リップルは株式会社により開発が続けられているため、1位のビットコイン、2位のイーサリアムと違った思想で運営されていて、リップル・ネットワークという参加者が使う取引スペースの中でだけでのみ利用できる通貨であるため間に入る介在者なく誰とでも取引できるビットコインやイーサリアムと性質が違い、正確に言うなら通貨というよりもリップルネットワークの中で利用できる参加者同士の交換券のような存在だといえます。つまりリップルネットワークを介在しなくては利用者はリップルをやり取りすることができません。また、リップルはネットワーク上の通貨XRPを他の通貨と交換できると謳っており、同じ仮想通貨のビットコイン、そして政府紙幣のアメリカドル、ユーロ、日本円と交換でき、レートはリアルタイムで変化していきます。
またリップルはリップルネットワークへ接続するためにXRPを支払うことを利用者に課していて、そのXRPでリップルのネットワークは維持されています。リップルの発行上限は1000億XRPとなっています。

他のコインとの違い
リップルはアドレスという口座に格納されてリップルアドレス、シークレットキーという2つの暗証番号を用います。リップルアドレスは銀行の預金通帳のようなもので、取引履歴や残高照会が行えます。そしてシークレットキーは銀行キャッシュカードのようなもので、実際に取引の際にシークレットキーを使用しこれを入力することでリップルネットワークの中のXRPを使用します。シークレットキーをなくすと利用者は自分のアドレスにアクセスできなくなります。他の仮想通貨と違い、リップルには全体の管理者であるRipple, Incが存在しているのがビットコインやライトコインと違うポイントです。
「リップル」の今後と将来性
リップルの時価総額は約3兆3000億円という巨大なものであるのですが1XRPはアメリカドルに換算すると1ドルもないのが現状です。しかしリップルは今年始め1月4日に3ドルの壁を一度突破するという場面がありました。現在は再び1XRPは1ドル以下になっていますが、リップルは仮想通貨市場のリーダーグループに属しているため、リップルは仮想通貨への投資熱が今後再び加熱すれば一番早く影響を受ける仮想通貨であるといえます。リップルは第4位の仮想通貨であるビットコインキャッシュとは約5000億円の時価総額の差があるため当面は仮想通貨のナンバー3であると見られています。
②-1:「リップル」の評価や批判
リップルはリップルネットワークへのアクセスを求められる為、厳密に仮想通貨であるのかという意見があります。
また、開発元企業のRipple, Incが今後どのような発表をするかも投資家にとっては重要なポイントになります。リップルはリップルネットワーク内での通貨であるため、普及するには単に取引の道具であるビットコインよりも普及は難しく、リップルのXRP以前にリップルネットワークへの加入を増やすという一手間が仮想通貨としての普及にどういう影響をおよぼすかという点に投資家は注意すべきです。

②-2:「リップル」の価格上昇のポイント
リップル社が提案しているのはxViaという国際送金を行う金融業者や企業向けのソリューションで、アプリケーションのインストールなしで、リップルを用いた低コストの国際送金が可能というものです。そこには銀行の手が入らないため割高な両替手数料を支払う必要がなくなり、多額のやり取りをする企業の場合大幅なコスト削減が狙えるというもので、すでにサウジアラビアの中央銀行やUAE首長国連邦の中央銀行とも提携が始まっているのです。また、送金サービスに力を入れるリップルは金融機関への売り込み以外にもその仮想通貨の使用頻度のシェアから、日本のネット証券会社の最大手で知られるSBIホールディングスが今後開く予定の仮想通貨取引所でも取扱いがなされる予定です。

「リップル」の最近の状況と買いのタイミング

顧客口座から580億円相当の多額の仮想通貨「NEM(ネム)」を流出させたコインチェック事件はたくさんの仮想通貨の価値に対して影響を与え投資家を怯えさせましたがリップルも影響をその時に受けた仮想通貨のひとつです。リップルは現在、下げから自律反発したところで保ち合いの形を作ろうとしている最中に見えます。2018年はじめの急騰からの暴落が仮想通貨の投資家に与えたダメージは未だに大きいので、リップルに投資する際には過去の値動きの影響を前提にチャートを見ることを薦めます。リップルの時価総額は大きく利用者も多いので、以前のようなバブルを思わせる値動きはしばらく期待できないと考えられます、しかしその一方で参加者が増え値動きが統計的に正しくなるとテクニカル分析を得意とする投資家にとってはチャートを読んで投資することで利益を上げられる安定した投資対象にリップルが変化するとも考えられます。今後仮想通貨の普及が更に進めば普及による流動性からリップルの価値が上がるので参加者が増えれば、早い段階で投資する投資家は先行利益が得られるチャンスがあると言えます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめました👇
おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.htm
おすすめ記事まとめておきました その4
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1118.html

l
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック