<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

大体移動平均線には戻る

テクニカル分析を始めるようになってからわかるのだが、株式市場では株価の動きは実はとてもシンプルに動いていると言うのはテクニカル分析を使う人たちにはよく用いられるサポートLINEレジスタンスLINEという考え方があるのだが、これは過去の株価の値動きの折り返し地点や保ち合いの水準をさして使われていて取引の目安に使われている

株価は値動きする時このサポートラインレジスタンスLINEをかなり高い確率で遵守しながら値動きしているだからファンダメンタルで取引をしている人は実は最も役に立つ指標であるサポートレジスタンスの水準について深く考えずに取引をしているので最初から損をしやすい状況のまま株式の取引に臨んでいることになる

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック