<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

日本人の10人に一人がボケてる社会ってある意味面白そうw

日本は人口減少時代を迎えている

このまま急激な人口増加はまず無理だから、高齢化社会の悲劇は避けられそうにない

私の覚えている範囲でも、すでに今から12年前くらいにはもう「ヤバイ」とか「危険」とかテレビで言っていた気がするけど、まさか自民党がここまで無策に10年過ごすとはおもいもしなかったwwww

高齢者は今の段階で国民の4人に一人が60歳以上らしい(やばくね??)

そこで当然今後ボケ老人も増加していき、街はバイオハザードみたいな状態になっていく

つまり昼間っから老人のじいさんばあさんがウォーキングをしていたり、ボケ老人が帰れなくなって道端でうずくまっていたりとかそういう感じだ、まさにウォーキングシルバー

空は常にヘリコプターが飛ぶ

そう、ドクターヘリだ

某テレビ局で新垣結衣とか戸田恵梨香とかが演じたヘリコプターに乗ったあれだ

ドクターヘリが高齢化社会の日本の空を飛び回る

そして、90歳の老人に心臓バイパス手術とか、脳外科手術のようなほとんど金の無駄で、クオリティライフの考え方(満足度の高い生活をして死のうという考え方)を無視した高度な医療を行うわけだ

また、山奥の集落では最後のおばあさん、おじいさん一人が死ぬのを待っているというような「死にゆく集落最後の住人」みたいなのが、何百何千の集落でおこる

そしてその集落の最後の一人であるおじいさん・おばあさんが死ねば、その集落はすべての人が死に絶え、自然に還り始め数百年、あるいは数千年後まで、人の住んでいた過去の住居群跡になる

やばくね?

なんで日本社会がこうなっちゃったんだろうと、私はある意味恐怖すら感じている

私の生きてきてはっきり意識があり社会に興味をもちうる中学生ごろからの範囲で言っても、
やはり日本は劣化していると思えるからだ

ひょっとして日本の文明の崩壊というか日本自体が解体に向かっているんじゃないかとすら思う

意図的な無気力というかさ・・・・

確か以前書いたと思うんだけど(たしか)

私の見ている範囲の社会なんだけど、明らかに人間同士が疎遠になっているし、社会単位でも疎遠になっている気がする

例えばもう年末年始の雰囲気なんかなくなり、お金がある人は海外旅行、ない人(あるいは低賃金の仕事の人)は年末年始も仕事という人が多くなっている気がする、たった過去10年ちょっとくらいでだ

とくに低賃金の代表販売とサービス業はひどい

日本人は客の立場になると無駄に偉そうになるし、社会的地位も低いので、まともな休暇を取ることすらままならなくなってしまった、百貨店やスーパーでも以前は閉店日があったというのに、もはや元旦しか休まないところがほとんどだ

だから、販売や小売は日本ではやたら長時間拘束される割に長期休暇もなくしかも給与も安いというひどい職場になっている

また、人々の元気のバロメーターである衣類に関しても安物の衣類を着てもみんな平気になっていて、さらに流行に乗りすぎているようにも見えた

例えば某海外ファストファッションの服などペラペラで私は思わず「ガーゼじゃん」と思ったwwwガーゼと言えば傷口に当てておく布だがそれぐらいペラペラだったのだwwwそもそも洗濯に耐えられるのか?とすら思ったほどだ

また、着ている服も黒系(黒、紺、灰色、茶色など)が明らかに多くて、生命力を感じない

落ち着いた色が好きなのか?それともファッションが洗練されただけなのか?

派手な羽をもつ孔雀や角を持つ鹿は無駄だけど派手な飾りを持っていることで、メスにアピールするらしい

しかし日本人はいつの間にか生命力を失いすぎて、もはやそういう元気があんまりない

先日花見に出かけたが、黄色とかピンク色を着ていたのが外人だけだったことに気づいた、さらに言えば黄色い服を着ている大人を数ヶ月ぶりに見た気がした

生命力を失い老人だらけの国を老人がボケてうろつく

ゾンビになる細菌がまちなかにばらまかれる前に、認知性により日本に老人ゾンビがあふれる

何たる皮肉だ

しかし、バイオハザードの和訳が生物災害である以上、老人の増加も日本にとってバイオハザードなのかもしれない
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック