<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

和解とかいう裁判制度の否定w

和解ってどう思いますか?みなさん

揉め事で話し合いでどうにもならない時、殴り合う代わりに人は裁判に突入する、だけど和解というものを提案される時がある
弁護士をつけてお互いに同意してるならいいけど、裁判所が和解を勧告するっておかしくねえか?
なぜなら、話し合いでどうにもならないから裁判に突入しているのに、
裁判所が和解しろと言い始めたら裁判が商売の裁判所の自己否定につながるからだ

今回のニュースは長崎県諫早市の例の干拓事業についてだ、
裁判所は以前干拓事業の封鎖した堤防を「開門しろ」と判決をだしたのだが、
法の支配に従うべき政府は、裁判の判決を無視し現在に至るまで開門をしていない

開門しない前提の和解、福岡高裁が方向性示す 諫早湾開門訴訟和解協議
3/5(月) 19:00配信 佐賀新聞
開門しない前提の和解、福岡高裁が方向性示す 諫早湾開門訴訟和解協議
 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門問題を巡る訴訟の和解協議で、福岡高裁(西井和徒裁判長)は5日、開門しないことを前提に国が示す漁業振興の基金などの方法によって解決を図る和解の方向性を示した。開門を命じた福岡高裁確定判決の勝訴原告の漁業者と弁護団は拒否する考えを表明し、和解協議は事実上決裂する見通し。


裁判所なのに仕事放棄かよw

これが日本の司法のおかしいところなのだ、これは裁判所だけでなく、
刑事事件を扱う警察でもそうだ

そういえば以前あるレイプ被害者のホームページやニュース記事を見たことが有る

そのホームページによると、最初の警察への被害届の提出の段階で被害者は、
冷たい扱いを受けるそうだ、何しろ、警察に行っても事情聴取するのは男性警察官だし、
完全な被害者でもなぜか「和解(つまり事件化しない)」よう圧力をかけてくるそうだ
まるで無能な学校教師だ仲直りすれば強姦のような重犯罪がなかったことになるとでも思っているのか?


一例を出すと〜日本でレイプされたオーストラリア人の女性被害者の体験によれば
7時間もかけ調書を作るがその間食事もとれず、病院に行きたいという意見も却下、
それだけ時間をかけたくせに被害者の体に残る物的証拠も採取しなかった〜だそうだ

日本では取り調べを可視化していないので警察は事実上「自由に」調書を作ることができる
なぜなら、相手が認めるまで何度も「〇〇だったよね」「〇〇なんでしょ?」「〇〇のためだよね?」
と聞き続けて同意するよう誘導するからだ

さらに調書が事実で無くても後から覆すのはとても難しい

完全に「犯罪者に有利」「やったもんがち」の司法体系だ
イジメ犠牲者は永遠に報われないし、
だから被害者はいつまでも苦しみ続け悲しみ続ける

私が提唱したいのは「(金銭問題以外の)自力救済の推進」だ、

日本の裁判所や警察は当てにならない、本当にそう思う
農林水産省無能

今回のような生活かかってる漁業者と農家の対立を果たして裁判でさばけるか?と裁判官も思ったはずなのだ

開門の指示に従わない自民党政権が悪いのだが、もう裁判じゃ解決しないと思う

農家と漁師が殴り合って決めたらどうだろ?

負けたら相手に従うというルールでさ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめました👇
おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.html
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック