<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

いいものはゴミの中で埋もれる 出版の悲劇

日本では年間8万種類(冊じゃない種だ)の本が毎年毎年新たに出版されている

1冊100pで、速読するとしても、読んでる間に年は明けるww

そんなレベルの量だ

当然本屋も毎年そんな種類を仕入れていたら本屋じゃなく倉庫になるのは時間の問題なので、
一般の書店に並ぶのは厳選されたエリートだといえる

極端な話だが、毎年発刊される雑誌、週刊誌、単行本、文庫本は下手したらろくに本屋で人の目に触れること無く
絶版になることも何の不思議もない


紀伊國屋とか丸善とかジュンク堂書店とか行くと恐ろしいほど沢山の本が並んでいる

だけど、年間8万種の新刊の波の中で生き残るのは、流れるプールで立ち止まるくらい難しい

それが私は悲しい

いい本すら、いつの間にか新刊がなくなり、買おうと思っていた本が中古でしか手に入らなくなるということがよくあるからだ

中古で買えるからいいじゃんという意見も有るかもしれないが、
しかし私はそうは思わない

なぜならやはり新品として、本屋に並んでいるというのと、ブックオフや中古屋で探せば見つけられるというのは
全然違うからだ

やはり人の目に触れる回数も違うしさ

だけど年間8万種(まあもちろんめちゃめちゃマイナーな本、薄っぺらい新書、ネトウヨ本とか漫画も含めてなんだけど)の波の中じゃいい本も流れに飲まれて消えてしまう

それが悲しい

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック