<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

暴力を解禁すれば民主的になるし平等になる

裁量労働制について皆さんどう思いますか?

私は反対です、なぜなら裁量労働制のなかで裁量を持つのは企業の方で労働者の方ではないからということにほかなりません


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめました👇
おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



裁量労働制が採用されそうな業種はこちら


(1) 新商品若しくは新技術の研究開発又は人文科学若しくは自然科学に関する研究の業務
(2) 情報処理システム(電子計算機を使用して行う情報処理を目的として複数の要素が組み合わされた体系であつてプログラムの設計の基本となるものをいう。(7)において同じ。)の分析又は設計の業務
(3) 新聞若しくは出版の事業における記事の取材若しくは編集の業務又は放送法(昭和25年法律第132号)第2条第4号に規定する放送番組若しくは有線ラジオ放送業務の運用の規正に関する法律(昭和26年法律第135号)第2条に規定する有線ラジオ放送若しくは有線テレビジョン放送法(昭和47年法律第114号)第2条第1項に規定する有線テレビジョン放送の放送番組(以下「放送番組」と総称する。)の制作のための取材若しくは編集の業務
(4) 衣服、室内装飾、工業製品、広告等の新たなデザインの考案の業務
(5) 放送番組、映画等の制作の事業におけるプロデューサー又はディレクターの業務
(6) 広告、宣伝等における商品等の内容、特長等に係る文章の案の考案の業務(いわゆるコピーライターの業務)
(7) 事業運営において情報処理システムを活用するための問題点の把握又はそれを活用するための方法に関する考案若しくは助言の業務(いわゆるシステムコンサルタントの業務)
(8) 建築物内における照明器具、家具等の配置に関する考案、表現又は助言の業務(いわゆるインテリアコーディネーターの業務)
(9) ゲーム用ソフトウェアの創作の業務
(10) 有価証券市場における相場等の動向又は有価証券の価値等の分析、評価又はこれに基づく投資に関する助言の業務(いわゆる証券アナリストの業務)
(11) 金融工学等の知識を用いて行う金融商品の開発の業務
(12) 学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する大学における教授研究の業務(主として研究に従事するものに限る。)
(13) 公認会計士の業務
(14) 弁護士の業務
(15) 建築士(一級建築士、二級建築士及び木造建築士)の業務
(16) 不動産鑑定士の業務
(17) 弁理士の業務
(18) 税理士の業務
(19) 中小企業診断士の業務


まずこれは専門家が就くような仕事だ

しかし、疑問を感じたのは私が少々疑い深いから、あるいは斜に構えて見ているからだろうか?

日本の専門的労働に裁量労働制がそぐわないと考えるのは、
日本では多くの点で未だに徒弟制みたいな人材育成をしているからだ

つまりシステムで人を育てたり、させる仕事を決めるのではなく、弟子のように仕事を習うほうが不利というか弱い立場の中で学ぶ

いわゆる先輩後輩関係だ

何を新入社員にさせるか決まっていないから、従業員としての成長が均一でないし最初の部署や先輩との関係で成長が遅かったり早かったりということがある

そう考えると後輩側、つまり新入社員は日本ではかなりの点で企業内でいつも不利に置かれているということがよくある

例えば小売業では有無を言わせない自腹による売上などが見られる(ビールや発泡酒の強制買い取り、お歳暮の強要、恵方巻きの強要、クリスマスケーキによる信教の自由の侵害)のだが、国家資格で働くような会計士、弁護士、建築士などでも、先輩後輩関係で仕事を学んでいくことが普通の中で、下っ端の人が果たして雇う側の強要から身を守れるのか?

と思うのだ

国家資格を持っている人であってもだ

日本人は長い平和の中でもはや権利のために戦う気概などない、大声出しただけでキチガイ扱いされる時代だww

自分に不利益を加えようとする相手から身を守ることも出来ない、それが日本人という生き物なのだ、
生物学的に破綻していると私は思うのだけど・・・

階級社会や職務の分担をあえて明らかにせず、従業員を好き勝手動かすことで
日本企業は海外企業に対して優位を持ってきた

これは歯向かわない日本人を良いように企業側は使ってきたわけだが、
日本では従業員なのに「経営者目線」という謎の種族がいる

これは「犬の中で育った猫」みたいなもので、自分の立場を勘違いしている人のことだ

おそらく、経営者目線で考えろという長い洗脳の結果なのだと思うが、実は彼らこそ日本の低迷の現況であるといえる

社会では参加者が自分の利益に対して主張し合うことでようやく均衡が保たれる

つまりそれぞれが好き勝手言ってるように見えて最後にはいい感じの均衡が保たれ社会はバランス良いまま保たれる

だけどそれを「経営者目線で考えろ」というアホがバランスを崩してしまうわけだ

ある意味経営者目線という考え方は「カトリック・キリスト教」的な考え方だ

カトリック・キリスト教は社会が安定的であることを好み、変化を望まない

だから裁量労働制を導入したら例え専門家のような仕事であっても被雇用者は雇用側の理不尽な命令をはねのけることができるとは私は思わない

その結果、かなり理不尽な雇用関係と雇用環境になり、世紀の悪法の一つ「みなし残業」みたいなものに成り果ててしまったとしても私はそれを不思議と思わない

現代日本では暴力はかなりのレベルで忌避されており「殴ったら負け」という教育で、いじめられても殴り返せない(殴りかえさせない)教育が平然とされている

これは人間としての教育じゃないし人としての教育ではない

扱いやすい家畜の為の調教だ

喧嘩すら刑法犯にするという法律により、物理的な強さが捻じ曲げられ法的に弱く貧しい人は裁判も出来ないから、
強い人にひれ伏すしかない社会、これこそ今の日本なのだ

おそらく労働者側の妥協と譲歩により、裁量労働制は最低の制度のひとつになると思います




日本では法の支配は完全でもないのにデモ活動や仇討ちを禁止しています

ですからデモ活動には警察の許可が必要だし、電通に殺された高橋まつりさんの親は電通の社長をぶん殴る事もできません
何ていうかすごい無力感を感じさせるような社会です

そのことは法律の無力さと限界を示していると言っていいでしょう

日本人が未だに赤穂浪士が好きなのはじつは〇〇を欲しているからに他ならないのかもしれません
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック