<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

自衛官「素人の徴兵は役に立たないからありえないぞ」俺「せやろか」

徴兵された兵士が役に立つ、立たない?

どう思いますか?

私は次のように考えています

「立つ立たないじゃなく、必要だと政府が認めたら徴兵制はいつでもあり得る」
「徴兵が必要になる段階が必ずくる」
「志願制より徴兵制が優れている点はいくつもある」


これらの点で、徴兵が始まる可能性はいつでもあります

まず、そもそも論ですが現在の日本のように間接民主主義というごまかしの民主主義体制では、
国民投票をなしに徴兵制を始めることが出来ます

例えば日米安保条約はどうでしょう?

とても大事なことなのに、国民投票はありましたか?

ならTPPはどうですか?

TPPをやるかやらないかの国民投票はありましたか?

とても重大な選択肢でも、間接民主主義の日本では衆議院の結果によって「白紙委任」されてしまいますよ?

ですから、自分の一票を反対派に入れたとしてもその考え方が議会で多数派になれないなら、
徴兵制に反対した人もそれに従うことになるし、あるいは自民党によくいる嘘つき議員に投票した人もそうです

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
嘘つき議員:例えば、原発反対とかTPP反対とか、重要な自民党の政策に反対しているくせに自民党にとどまって自民党衆議院議員や自民党参議院議員をしている人がたくさんいます、彼らは政党の政策に反対しているくせに自民党から出るといことがありません、彼らがほしいのは議員の職です
さらに酷いことにその”先生”がTPPや原発に反対してくれると思って投票する馬鹿な投票者もいるということです


原発反対派 自民党議員で検索してみてください
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ではひとつづつ、徴兵制がありうることの理由を解説していきます

「立つ立たないじゃなく、必要だと政府が認めたら徴兵制はいつでもあり得る」
よくこういう人がいます「最新の武器は扱うのが難しいから、素人を徴兵しても無駄」わたしはこう返します「それを訓練するんだよ♡」、テクノロジーの進歩のせいで兵器は素人でも扱えるようになっています

例えばミサイルです、WW1に始まった戦闘機どうしの空中戦の歴史は「後ろに回り込んで撃つ」というものでした

機関銃、機関砲を装備した戦闘機は操縦士の体の都合上、前に向けて弾を発射しました

しかし、相手と向き合いながら撃ち合えばお互いダメージを受けますから、
うまく相手の後ろ、あるいは横に回り込むように戦うという戦い方を戦闘機パイロットは目指します



空戦中には相手も自分もまっすぐ飛びませんから、上下左右に激しく動く相手の戦闘機の動く方向を予知して「弾が吸い込まれる」ような射撃をするパイロットは、その技術のないパイロットを、一方的に撃ち落とす事ができました

しかし、赤外線、あるいは画像誘導で進むミサイルを搭載した現代の戦闘機は
未来位置予測という技術を必要としません

というよりも、相手が見える前に攻撃することも可能なのです

技術の進化で個人の技術を必要としなくなったのです

ミサイルの発射手順を覚えるのと、空中戦での機銃の当て方、どっちが難しいと思いますか?



「徴兵が必要になる段階が必ずくる」
アメリカは常備軍だけ見ても強力な軍隊を保有していますが、それでも徴兵をしたことがあります

しかも紛争でです、それがベトナム戦争です

アメリカと比べればベトナムなど小国もいいとこですが、あのベトナムを攻撃するだけで、徴兵をしました
おかしいと思いませんか?
当時アメリカ軍は強力な軍隊を持っていて「ベトナム人が森に隠れているから」というアホな理由だけでベトナムに枯葉剤(除草剤)やナパーム弾(火災を起こします)を撒くほど力を持っていたのにですw


例え日本が介入した戦争が小規模でも徴兵が始まる可能性は十分ありえます

また、更に言えば戦争すれば人が死にますから代わりの補充が必要です

ですから徴兵して補充する必要があるわけです



「志願制より徴兵制が優れている点はいくつもある」

まず体格

当然だが志願制だと「志願してきた人の中から」採用する

しかし会社とかでも同じだが「来て欲しい人」「実際来た人」は大きなズレが有るw

だから、ガタイがいいひとを集められるという点は徴兵制が優れている
実際旧日本軍は甲種合格とか乙種合格とかの基準を取り入れていた

やる気があるかないかは別にして基本的な体力とか体格という素質という点で見たら徴兵は優れている

次にバックボーン

例えば高校卒業してすぐ自衛隊に入った人だらけの自衛隊と徴兵された場合を比較して考えてみてほしい
徴兵した場合、社会から徴兵する、どういうことかと言えばすでに働いている人から徴兵するということだ

実際韓国では、アイドルが兵役に行ったりする

なぜ高卒からの自衛隊の人より徴兵が優れているかといえば、
人材のそれぞれの経歴が役に立つからだ

これはプロパー社員(生え抜き社員)と中途採用みたいなもので、
それまで違うところで学んできたことを持ち込めるという点だ

これは意外と大事で例えばクリミア戦争に出兵したフランス軍と、イギリス軍の対比が面白い

フランス軍は徴兵されてやってきた人たちで、イギリス軍は仕事として志願した人たちだった

クリミアは黒海にある半島なのだが、イギリスもフランスも兵士たちに食糧を送ることに苦戦していた時に、イギリス・フランスの違いは兵士たちの行動に大きく差が現れた

☆フランス兵は田舎の農民が多かったので、食糧がなくなると自分たちでなんとかしようとし始めた
まずフランス兵は兵士の商売道具である鉄砲を使い、野生動物の狩りで現地調達を始めた
カエルや鳥や獣を狩って食糧にしたのだ
フランス兵はもともと田舎の人たちなので自分で鳥や動物を解体して肉にする事ができたのだ
羽をむしって皮をはいで内蔵を抜いて肉を切り分けなんでも煮込んだ

★一方、イギリス兵はもともと都市の食い詰め者や浮浪者だったので、軍から支給されるビスケットや肉やラム酒を飲むという食生活をしていたので、たちまち栄養に偏りが生じた
またイギリス軍はイギリスの伝統として食事にこだわりをもたなかったのでパン焼き職人が同行するフランス軍と比べれば主食のパンの時点でフランスに劣っていた

このように、いざという時に構成要員の人たちがトラブルを自分たちで解決できるということは潜在的な底力の強さを組織にもたらす

徴兵にはメリットが有り、今の間接民主制では与党のすることに歯止めが効きにくい
だからいつでも徴兵はありうる

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめておきました

おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック