FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

swift初心者がこれは教えたいと思ったこと Xcodeを使いやすく

私はswiftの初心者ですSwift4を使っていますSwift5

xcodeをいじってプログラミングを学習しているのですが、
私のような初心者に伝えたいことをいくつか書きたいと思います

コードを書く以前の、xcodeてこーなってんだ!という段階の便利情報です

ぜひご覧ください

1.StoryBoardの枠が見えねえ、というあなたへのお得情報

Storyboard2018年2月19日
どうです?この画像の枠ははっきり見えますか?


xcodeでは、ストーリーボードと言う、フローチャート図を使って、テキストや、画像の配置をすることができる
便利だ、だけど問題は、Macの画面の設定で、ストーリーボードの枠が良く見えないということがある

普段使いの動画やネットサーフィンするときのような画面の明るさの設定とプログラミングするときの設定は明るさや色彩に差があるからだ

だから、普段使いの画面のプロファイルでは「プログラミングはしにくい」のだ

だから「システム環境設定」を開いて「ディスプレイ」を開いて「カラー」を選んで「ディスプレイプロファイル」から、
気に入った設定を選んで見てほしい

色が濃ゆくなって見やすくなったはずだ?どう?

Mac ディスプレイプロファイル平成30年2月19日

この設定をすれば「プログラミングしやすい画面」を手に入れることができる


2.macbookだけど画面狭くね?

xcodeを開いた時、私のmacbookの画面が狭いと感じた、なぜならいろんな設定画面とか開いてたら、
私のmacbookair じゃ、画面が足りなかったのだ

xcode2018年2月19日

コレじゃあ画面狭すぎる

そんなときは右上の3つのボタンを押して左右下の窓を閉じればいいのだ


3.部品を配置した、次はvarやらletやら打てばいいんだろ?そんな時

あれ?どうやって、というかどこにvarを打てばいいんだ?と思うはずだ

もちろんassistant Editorを開いてもいいのだが、私、初心者が気づいたことは

左上のなんだこれ?というものだ

Storyboardswift平成30年2月19日

これはxcodeのショートカットで、ここからViewControllerSwiftに移動でき、コードを打てる

これを応用して、Storyboardを開いた時に「〇〇」こういうマークのassistantEditorを押して、二画面にして、ViewControllerSwiftを押せば、delegateするときに使える


4,macのコピー・アンド・ペーストのショートカットキーをおさらい、ショートカットキーを調べろ

同じ文章を何度も書くのは面倒くさい、そういう時に便利なのがコピーアンドペースト

表計算ソフトのExcelでもショートカットキーを使うと生産性は劇的に上がる

だからパソコンを操作する時、上達したければショートカットキーを調べると良い

ちなみにmacのコピーのショートカットは「コマンドキー(Command)」&「c」で、ペーストは「コマンドキー(Command⌘)」&「v」だ

5.アップルの公式ドキュメントを読む

https://developer.apple.com/jp/documentation/

Appleの公式サイトのリンクを貼っておこう

6,画像の保存はAssets.xcassetsの中に

Image Viewを使えば画像をアプリに使うことができる

だけど画像ファイルをそのままドロップアンドペーストしてもできない

xcodeでは画像を使いたい時Assets.xcassetsの中に画像を一旦放り込んでから使うことになる

アプリのアイコンもこのAssets.xcassetsから使うことになる

7,シミュレーターは起動が遅いけど慌てんなw

文字と画像を取り付けて、何ページか作ってみたら、とりあえずアプリがちゃんと機能するのか試してみたくなるのが人情というものだ、画面遷移するか試してみなきゃ実感わかない

そんな時左上の再生ボタン「▶」←こんなん、を押せばいい

シミュレーターが起動してアイフォンの実機がない人でも試すことができる

しかしこのシミュレーター、意外と起動が遅いwwwだから私のようにヒステリックに慌てたり、macがフリーズしたかと疑心暗鬼になったり、Appleを罵ったりしてはいけない

おちつけ

動く

Macは


8,iBooksのSwiftによるアプリケーション開発入門編を読む

これはとてもいいテキストで、プログラミングをしたことない私にもわかりやすいものだった

何しろバックスラッシュとかキャメルケースとか、変数とか言われても未経験者には何のことかわからない

だけど、このSwiftによるアプリケーション開発入門編には付録がついていて、プログラミングの練習問題みたいなものがついているのだ

是非頭から最後までやってみてほしい

今日はココまでにしておこう


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック