FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

日本語を操り国民の目を欺く日本政府 秋葉原

みのもんたの夜ズバという番組がある
TBSでも日本テレビでもテレ朝でもないabemaTVの番組だ

みのもんたが司会でゲストと政治問題とか時事問題について語る

見てる中で「ハッ!?」とさせられる事があった

今回は北朝鮮についてだったのだが、韓国人の人が韓国本土の米軍に対して「駐韓米軍」と言った、
そしてその後すぐに青山繁晴が「駐韓米軍は在韓米軍のこと」と言って補足した

しかし、その時韓国人と日本人の認識の違いを私は気づき面白く感じた

なぜなら韓国人は「駐韓」といった、つまり駐留しているわけだ

そして日本人は「在日」と言ったこれはつまり「ある」という意味だ

日本は在日米軍といっている

しかし世界から見ればどう見ても日本に駐留しているだけに見える

つまり外国軍であるアメリカ軍が駐留しているという現実を受け入れられない日本人は「在(ある)」という口当たりのいい言葉を用いることで外国の軍隊の駐留を受け入れているわけだ

皆さんは国際連合を知っているだろうか?

国際連合は英語でユナイテッド・ネイションズ(略称UN)だ、私たちはそれを国際連合だと読む
しかし中国語では联合国(聯合国)と書く、つまり枢軸国の反対の陣営だ

そして聯合国こと国連は5つの常任理事国によって代表されている

つまり、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、そして中華人民共和国だ

現在日本は「中国の脅威に備える」とか言っているがしかし国際政治の目線から見れば
日本の宗主国アメリカと中国はともに常任理事国であり仲良しグループのリーダー格であり、
常任理事国である中国に刃向かうような態度をとり、軍備を整える安倍はすなわち国際平和を乱す反乱の首謀者と言う感じだ

悔しいが日本人が国連とよぶUnited Nationsこと連合国はそもそもその成立段階から日本とドイツの軍事的野心を抑える為の団体なので、世界から見れば安倍することは「反乱の兆候あり」で、日本の安全を危機に晒すことになる

そして、日本が自主防衛を始めないようにアメリカ軍が駐留している、そしてアメリカ軍は日本を守るためにいるわけでも中国と戦うためにいるわけでもない(アメリカも中国も連合国だからだ)、駐留して日本の軍備拡大を抑止するためにいるわけだ、だから中国はアメリカに太平洋を半分こしようともちかけるわけだ

そう考えると実は中国や北朝鮮におびえている日本人を世界から見ればじつは「お前が一番怖いっつ~のw」と警戒されているわけだwww

つまり日本を恐れているからアメリカは日本に駐留しいつでも再占領できるように監視と軍備を弱体化させる活動をしている

言葉の言い換えについてもどるが、そういえば日本の政府の言い換えは以前からそうで、撤退を転進と言ったり、敗戦を終戦と言ったりしている

つまり終戦記念日は本来なら敗戦記念日なのだ

それらの前例と同じで在日というのは駐日という現実から目を逸らさせているのに必要十二分の役割と目的を果たしている


今や日本では、アメリカ軍の基地の敷地を返せと大声で言うとなぜか左翼認定されるwww
夜中に飛ぶヘリに抗議しても左翼wアメリカ軍のために日本の税金で基地を整備することに反対しても左翼www
201709251214284d4.jpg


そしてなぜか日本の領土にいるアメリカ軍をもてはやしたり「日本の平和のためには沖縄は我慢すべき」とかいう、
腰抜けな自主防衛を放棄したようなやつが右翼を標榜している

もうわけがわからないwww
本来なら、右翼とは多くの点で自国に対しての国粋主義的なものを持っているはずで「アメリカさま~」を連呼したり「アメリカ軍のおかげでー」とか言っている時点でそれはなんか違う気がする

ただの従属主義じゃんかwww

どうやら駐留を在日と言いかえるのはかなり日本人を騙すのに効果的な手法のようだ、
日本人は命令に従うように学校や職場で調教済みだからだwww

言葉の言い換えにここまで引っかかるって、なかなか興味深いと思いませんか?

ついでですが、青山繁晴によると秋葉原で電子部品を買うと公安に監視される監視対象になるそうです、
秋葉原で買い物したら監視対象とか、安易すぎねえか?wwww


最後に書いとくが、国際法では国は他国の攻撃から自衛権を持つ、しかし日本とドイツは国連加盟国が「戦争の意図あり」と判断したら国連決議なしで攻撃を加えてもいいという敵国条項というものを持っている
それには安保理決議すら必要ないのだ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめておきました

おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック