<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

東北の衰退の原因について市長を見てみる

昨日に引き続き「役所上がりの市長のせいで地方衰退するんじゃないのか?」という仮説について考えてみる

この仮説の根底には「地方では若者(20〜40代)が選挙に出馬できるカネがない、そのせいで役所あがりのおじさんの市長が多いのではないのか?」というものがある

つまりこれはジョージ・ソロスの「再帰性」みたいなもんだ

地方は貧しいから公務員上がりしか市長になれずさらにその地域は貧しくなり公務員上がりしか市長になれない状況が強化されるというものだ

最終的には全都道府県の過去の成長率と役人上がり(市役所・県庁・官僚)の市長の負の相関を見出してみたい


では今回は青森県

青森県青森市長:小野寺 晃彦(おのでら あきひこ、1975年7月25日 -
前職 総務省職員

うーむ、いきなり官僚あがり

青森市は本州最北端の県庁所在地という弱点を抱えているというのを忘れてはいけない

青森県の最低賃金は738円

市長選挙の供託金100万円を貯めるには100万/738で1355時間働く必要がある

1日24時間働いても56日かかる

これは事実上日本の最低賃金の中で最低の水準の給与水準だ

ちなみに海を越え北海道に行けば810円になる、こりゃ北海道目指すしか無いよね???www


ちなみに小野寺市長は東大卒だ

しかし青森県レベルの難易度だと、逆に「誰がなっても一緒じゃ?」という思いさえ湧いてくる

次は秋田県

秋田市長:穂積 志(ほづみ もとむ、1957年4月5日 -
医療法人惇慧会の会長理事で、元県議・秋田赤十字病院元院長である穂積惇(ほづみ まこと)の子息として秋田市に生まれる。
医家の生まれではあるが、医師は志さず、秋田県立秋田南高等学校、成蹊大学法学部を卒業後、惇慧会の関連法人などの役員を経て、秋田市議・秋田県議を歴任。

県議の世襲か

秋田県の最低賃金は738円

市長選挙の供託金100万円を貯めるには100万/738で1355時間働く必要がある

1日24時間働いても56日かかる

これは事実上日本の最低賃金の中で最低の水準の給与水準だ

そりゃ乃木坂の生駒ちゃんも脱秋田しますわいwww

乃木坂の生駒ちゃんいわく、有名歌手の全国ツアーのコンサートは秋田をスルーしていくそうだ

秋田は美人とあきたこまちで有名だが、その2つがある意味秋田の衰退の原因なのかもしれない

何故かと言うと、美人は経済学的に言うと仕事を見つけやすく給料も高くなりやすい、そのためブスに比べると引っ越していい仕事に就くことが可能なのだ

例えば九州で言うと飲み屋(キャバクラ・スナック)で働いている美人は福岡の方が給料が良いため、
すぐ博多駅を目指してしまう

そんな感じだwww

これは国が違っても同じ傾向があるそうで、中国も、四川省とか湖南省とかの田舎の美人はみんな上海や北京を目指して移動してしまうらしい

秋田は美人が多いので、簡単に移動していける、だから人口減少しちゃうのだ

しかも秋田県民は雪国出身だから「我慢強い」これがいけないw
なぜなら仕事を求め大阪や東京に出ても人には望郷の念(つまり故郷に帰りてぇなぁ〜と感じる気持ち)があるので、
一定数の人はついつい帰郷(Uターン)してしまう

沖縄とかそうで、県外に出た人のだいたい30%くらいの人が帰郷してくる

他に、鹿児島、宮崎、島根、高知が多い

鹿児島、宮崎、高知は温暖で過ごしやすいから仕事でうんざりしたら帰りたくなるのはよくわかるが、島根とは?なぜ???

この望郷の念も、国を問わず有るようで有名なのは古代王国「秦(始皇帝のあれ)」を滅ぼし、
項羽と劉邦で知られる劉邦も望郷の念を持っていた

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
項羽は劉邦を許した後、劉邦に降伏していた秦の最後の王である子嬰一族を皆殺しに処して、咸陽を焼き払って財宝を略奪した。その後、ある論客から地の利が便利な咸陽を都とするように進言されたが、項羽はこれを聞き容れず、退出した論客は「人は『楚人とは沐猴(獼猴。猿の一種)が冠をつけているのと同じ(楚人沐猴而冠耳)』と申すが、まさにその通りである」と呟いたために、これを聞いた楚の衛兵は、項羽にこのことを報告した。これを聞いた項羽は激怒して、その論客を捕らえて、釜茹でに処した[7]。項羽のこの行為に諸侯は異論を唱えることができず、項羽はそのまま故郷に錦を飾るために楚の彭城(現在の江蘇省徐州市)を都と定めた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

つまり、地の利のいい統治しやすい場所じゃなく、故郷の江蘇省らへんに本拠地を置いてしまったwww

まあ、住みよい場所だったのかなぁ?と思う

魚のサケや、うなぎも海に出て数千キロを旅するのにまた、生まれた川に戻ってくる

人間もやっぱ動物だからそうなのだw

しかしかえすがえす言うが「秋田出身者は我慢に強すぎる」のだ

産業がなくまともな仕事がなく既存の既得権益の保有者が幅を利かせているなら若者は出ていくしかないし、戻ってこない

さらにあきたこまちも衰退の原因だ

秋田は全国3位の米どころだ、平地が多い

そう、平地が多いということは米作りに向いている

しかし、悪い点が有る

米が通貨だった江戸時代ならともかく貨幣経済の現代ではお米はあんまり儲かるものじゃないのだ

実際、江戸時代には秋田は全国有数の豊かな地域だった
これは長い平和が続き人口が増えすぎ、冷害や干ばつに弱くなっていく江戸時代後期の天明の大飢饉とかのころまでそうだった

つまり豊かすぎて人口が増えると一人あたりの耕作面積が貧しくなる、これの行き過ぎたのが江戸時代の後期の飢饉の頻発だ

イギリス人のロバート・マルサスのマルサス経済の考え方によると、食料がある限り人口は増えるけど食料生産の増加より人口増加の方が速いんじゃねえかぁ?というものがあり、その結果人類はいつも空腹で生きるハメになるという考え方が有る

だから、米がお金だった江戸時代は末期に人口増加するまでは秋田は豊かだったが、その田畑で養える人口以上に人口が増えたため飢饉が頻発し、お米がそもそもお金じゃなくなった貨幣経済の明治時代以降、秋田はさらに貧しくなってしまっている

更に言うと田んぼから直接「お米」という米本位経済の貨幣が湧いてきた時代から貨幣経済になったせいで秋田は貧しくなった

これは食糧以外のものがたくさん出てきたせいで、お米の価値が相対的に減ったことが原因になる

つまり「食べること」は「喜び」とは言えなくなってきたわけだ

そして、平地が多いせいで人口の密集化がおこらない、そのためどこまでも低層住宅の続く平坦な町になってしまうわけだ

そのせいで商業の集積や工業化が遅れる

なぜならあなたが工場を秋田に作りたい時、20代〜30代の若者を数百人単位で求人できるだろうか?

いや、できない

なぜなら人口密度が低いので、大量の人員を一度に集めることが出来ないのだ

しかし、中国の200年代後半など、すごい数の人を管理し工場を動かすという企業が中国でピークを迎えた

それこそフォックスコンとかがそうだ

日本のゲーム機なども受託製造していて、テーブルにならんだ人たちは自分のうけもつただ一つのことだけをし、
それを終えると次に渡すそれを数百人が繰り返し、電子機器、家電、パソコンが完成する

しかし秋田は平地が多いので「人口が密集する」ということがないだから、数百人を素早く集めることが出来ない

だから工業化は遅れる


次は岩手県、岩手県の県庁所在地は盛岡市

盛岡市長:前職 株式会社役員

世襲とかそういうのは見られない

岩手県の最低賃金は738円

市長選挙の供託金100万円を貯めるには100万/738で1355時間働く必要がある

1日24時間働いても56日かかる

これは事実上日本の最低賃金の中で最低の水準の給与水準だ

岩手といえば盛岡冷麺が思いつく
盛岡冷麺は、朝鮮から日本に移住してきた人が、やってみたら意外と上手く言ったパターンで
岩手に根付いた

移住というのは太平洋戦争の敗戦まで朝鮮半島と台湾そしていくつかの太平洋の島々は「日本」で住んでる人も「日本人扱い」だったからだ


あと小沢一郎だな、政界をかきまわすけど何がしたいのかイマイチよくわからない人

秋田と共通するが、岩手県含め、東北の県ってどれもでかい

町と町が遠すぎて開発しにくいのかもしれない


次は宮城県

宮城県の県庁所在地は仙台市

仙台市長:郡 和子(こおり かずこ、1957年3月31日 -
前職 東北放送報道制作局部長

仙台市は寂れていく東北各県の中で数少ない栄えている町だ
そういえば気づいたが、九州で発展している福岡の福岡市長も放送局出身だった

放送局は地方では数少ないまともな職場の一つだ

東北放送はTBS系列だそうだ

宮城県の最低賃金は東北随一の東北随一の772円

宮城県仙台市は政令指定都市なので市長選挙の供託金は240万円

供託金240万円を貯めるには3109時間必要で、約130日一日24時間働けば貯められる

とは言え他の東北の県と違うのは仙台はまともな仕事が多少あるということだ

これは、九州における福岡に似ている

九州支店を福岡に置くことが多いことで支店経済が福岡にあるように東北にも支店経済があるからだ

地方をブロック単位で見た時、支店経済がある都市は相対的に優位だ

郡和子氏は、元民主党の国会議員で、無所属で出馬することで野党側候補として市長になった

他の東北諸県と違うのは工業集積があるところだといえる

宮城県は東北で福島の次に事業所がある




次は山形県

山形県の県庁所在地は山形市だ

山形市長:佐藤 孝弘(さとう たかひろ、1975年9月30日
北海道生まれで東大法学部卒、通産省に入った後なぜかおにぎり屋さんを始めるという異色の経歴の持ち主ww

まあ失敗したけど自分でチャレンジしてみるって大事だ

75年生まれで青森の小野寺知事と同い年だ

県の最低賃金は73円

市長選挙の供託金100万円を貯めるには100万/739で1353時間働く必要がある

1日24時間働いても56日かかる


最後、福島県

福島県は東北の中で工業製品出荷額が一番多いし面積も広い

首都圏に近いと言うメリットを活かしている
東日本大震災に伴う原発事故の以前は日本で第4位の米の生産量を誇っていた(今は知らん)

福島県の最低賃金は748円

市長選挙の供託金100万円を貯めるには100万/748で1336時間働く必要がある

1日24時間働いても56日かかる


福島市長:木幡 浩(こはた ひろし、1960年10月23

東大出の官僚あがりだ

福島県は現在、日本で一番人口流出が多い県だ




東北6県中3人が官僚出身で、1人が県議の世襲、1人が放送局出身、1人が病院経営
かなり経歴にバイアスがあるように感じた

地方に必要なのは金を引っ張ってくる元官僚なのか?それとも独自のアイデアを持つ若手なのか、
色々な意見があるが共通するのはどちらもエネルギッシュじゃないとダメということだ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめておきました

おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック