<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

完全にコングロマリットに走る楽天、朝日火災を傘下に

またかよ、ホント見下げ果てるわ楽天、ネットモール事業がジリ貧になってきたらコングロマリット化をするなんて

楽天、損保参入 野村傘下の朝日火災を完全子会社化
 楽天は1月29日、野村ホールディングス傘下の朝日火災海上保険(東京・千代田区)の株式を公開買い付け(TOB)で取得し、完全子会社化すると発表した。楽天会員のデータなどを活用し、独自商品を開発する狙い。(ITmedia NEWS)

またも楽天のコングロマリット化の推進だ

先日発表の携帯電話事業や既存の証券や銀行(楽天銀行と楽天証券)などをみてると、
楽天には革新の気風がまるで見られない

未知のサービス、ソフトウェアを生み出して爆発的成長をするより「資本の活用」みたいな投資をしようとしている

既存の事業である楽天市場はジリ貧確実なので、新規事業にむかうのはわかるが、
どれも「楽天がやる必要がない」事業ばかりだ

さらに言えば国内の損保が急激に成長するとは思えずいわゆるパイの取り合いになるだけだ

これまでの楽天の行動には三木谷氏の嗜好性によるバイアスがかかっていると見ていい

株価は過去2年のサポート水準である1000円台にいる

楽天株価2018年1月30日

サポート直上ということで、今買えば多少の利益が見込めそうだが、
それはともかく、結局楽天の本業であるインターネットサービス業は、新しいサービスを生み出すことが生命線だ

また、長期的に見て楽天市場はアマゾンには勝てない

それはネット上の商店街の楽天と、ネット専業小売業のアマゾンには、専門性の違いと、学習効果が全然違うからだ

楽天はプラットフォームを売っているので、流通業に対する経験値を蓄積することが出来ないし、規模の経済が活用できない

つまり配送の効率化や送料の交渉力などだ

また、商品の価格競争力もない、まとめ買いの需要もない

楽天は安易な方向にばかり向かっている

しかしこのコングロマリット化(複合企業)は成長を鈍化させると考えてみていい
何もかも中途半端になり、専門化の進んだ現代では、すべての競争市場で、劣位に置かれる可能性がある

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめました👇
おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.html
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック