<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

円安に日本人はそろそろ耐えられないかもしれないね

円安になると日本人は喜ぶ

輸出産業が儲かり「見せかけだけ」景気がよく見えるからだ

しかし本質は何も変わらないので円安が円高に戻ればまた企業業績は低迷する


<産業構造は昔のまま>
それもこれも日本の産業構造が変化に適応できなかったからだ

アベノミクスはいろいろなことをしたが結局はただの「株価対策」でしかない
年金資金で株式を買い込みいろんな企業の大株主あるいは筆頭株主になったことで、
「自分が買い進み」平均株価を押し上げた

しかし、円安は本質的に輸出企業への優遇で、国民全体でみれば所得の格差を広げる

まず輸出企業(機械製造、自動車産業、電気機器)は過去最大の売上で給与を上げる、
で、公務員もそれを口実に自分たちの給与を引き上げる(人事院勧告というやつ)、
なぜなら公務員は日本のトップクラスの大企業の給与を前提に自分たちの給与を決めるからだ

だけど内需関連は円安では苦しむ

原材料の高騰を製品価格やサービスに転嫁できないからだ

例えばガソリンスタンドは原油価格に合わせて売値を上げ下げするけど、売値を上げたら需要は減る

食品もそうで、原材料価格の円安での変化ををうまいこと先物取り引きでダメージ減らせるのは大手企業だけで、
中小企業はサラダ油や小麦やトウモロコシの値上がりをモロに受ける

だから公務員と輸出関連大企業は円安で利益を得られるが、それ以外の国民はアベノミクスで痛みしか感じない

<コンビニパンの小ささ>
皆さんは最近のセブンイレブンやファミリーマートのパンの小ささに驚いたはずだ

袋だけパンパンで、中身のパンは小さいしスカスカなのだ

なんでこんな事になるのかと言えば産業構造の転換や新産業の育成ができない自民党を選んだ国民が悪いだけなのだが、
いずれにせよコンビニパンで満足できる時代はもう終わってしまったのだと認めるしかない

セブンイレブンで売っているレーズンパンもたしか2?3?年くらい前まで5個入りだったと思うんだが、
嘆かわしい限りだ

以前、8%の消費税導入時、円安の中で消費税率をへんこうしたので、実は輸入食品にはかなり大幅な価格改定があの当時行われた

可処分所得が伸びない限り、パンは小さくなり続けることを避けることはできない

<内需を見捨てているのでアベノミクスは見せかけの好景気>

安倍政権といえば「見捨てる」というのが行動様式だ

例えばイラクでISISに捕まった2人の日本人、湯川さんと後藤さんが殺される恐怖に怯えている中、
なんとイスラエルに行き、イスラエルへの支援を表明した

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安倍晋三首相は中東歴訪の中、1月17日、エジプトで「イスラム国」対策のため、としてイラクやレバノンに2億ドルを支援することを表明した。2億ドルには難民支援、人道支援という名目が付けられている。しかし、安倍首相は「「イスラム国」の脅威を食い止めるため」、「イスラム国と闘う周辺各国に」としており、利敵行為とみなされる。人道支援や、後方支援といった名目に日本人は惑わされやすい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


また、小笠原諸島沖でサンゴが中華人民共和国の漁船に乱獲されているときも、
サンゴが取り尽くされるのを「見守る」だけに終始し、ほぼ取り尽くされてしまった

海上保安庁は見守るだけ警告するだけにとどまり、数百隻も来たのにたった数隻しか拿捕しなかった

つまり見捨てたわけだ

人質もサンゴも見捨てるんだから仲間だって見捨てられる

それがあの籠池夫妻



なんとまだ拘置所にいて、6ヶ月も牢屋の中だ

森友学園で仲良しだったはずなのに、まともな弁護すらしないこれがアベノミクスなのだ

家宅捜索で資料を全部持って帰ったのに保釈無しで面会も不許可

ほんとに、海の生き物からかつての仲良しまで見捨てるやつだwww

だから一般国民なんてどうでもいいわけだ

高齢化の進んでいくこれから、国内の消費はどんどん低迷していくと考えられる、
給与所得から年金所得に切り替わる高齢者は現金を手元に残すため衣類や家具家電への支出を切り詰める

また、資本消費財の代表である自動車もそうで中古車や軽自動車、あるいは免許自体を手放す可能性も高い

そうなれば販売チェーンも徐々に閉店を余儀なくされ「高齢者向け消費」という甘い幻想から目覚めざるを得ない

九州で言えば、飲食店も難しそうで、なぜなら九州では若者は他の地域に出ていく人が多いので、
外食需要自体が急激に変化する可能性がある

つまり家族向けから、個食化(一人二人などでの来店向けの店)が進みそうだと私は予測している

ガストやジョナサンからすき家やファストフードみたいな

少人数来店すぐ食べて退店みたいな店が流行りそうだ

いきなりステーキが切り開いたようにおそらく既存の食事カテゴリーのファストフード化は今後もうまくいく可能性が高い

その一方で客単価は今後さらに下落すると考える

食事の簡素化と低価格化にはおそらくかなりまだ可能性が残されていると思う

何れにせよそれって実質賃金低下への適応であって解決策じゃない、だから賃金上がらないと日本人はもうダメかもわからんね
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック