FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

五郎丸っていいたいだけじゃん 五郎丸消えた

日本のメディアの悪い癖、「勝ち馬に乗りたがる」

みなさんはラグビーのルールなんて知っているのだろうか?


わたしはせいぜい横縞のシャツを来たごつい男たちが取っ組みあいながら変な形のボールを追い回すくらいの概念しか持っていない。
なのにすこし活躍するだけで「五郎丸が」「五郎丸に」「五郎丸を」「五郎丸の」五郎丸の五段活用かwww
誰も興味がないのにヒーロー扱いだ。

そして〇〇栄誉賞だ、どっかの市の市長が現れて賞状の授与だ。
バカげてる。

わたしはもうこの手のヒーロー報道のうんざりしているんだ。
どうせ数カ月後には飽きて古いおもちゃみたいにホオリ投げるくせに

102044562d285bf66e6e375d755db267_w.jpg

テレビのニュースを見ていると、今も3S政策がきわめて大掛かりに行われていることがわかる。

テレビのニュースの殆どの時間が重要なことではなく、スポーツや芸能に費やされている

3S政策とは
Sex(性産業)
Sports(スポーツ)
Screen(映画)

を用いて国民を堕落させる政策である。

テレビも内容も芸能人の不倫恋愛、サッカー野球を代表とするスポーツ、映画の新作の特集ばかりだ。
しかし、人間は中毒に弱いというのも本能であれば正しい道に戻っていくのも人間の本能なのである

テレビの視聴時間が年々減少しているのも実は無意識のうちに世の中の人達の洗脳が解けてきている証拠なのかもしれない。

虚像のヒーローなどを崇めてはいけない。

なぜなら、それは他人に踊らされているだけだからである。

そして、テレビのニュースが事あるごとに五郎丸を繰り返すのも、テレビの製作者自体が五郎丸に人気があると錯覚しているだけ、つまり、だれも五郎丸など興味はないのだ。

わたしは大きな声で言おう、五郎丸っていいたいだけじゃん


五郎丸 歩
プロフィール
福岡県福岡市出身[1]
身長 185cm、体重 100kg[1]
ポジションはフルバック(FB)[1]。
日本代表キャップは57(2015年10月12日現在)
ニックネームはGoro(ゴロウ)[1]
血液型はB型
経歴[編集]
3歳でラグビーを始める。福岡市南区鶴田小学校出身。小学校4年から6年まではサッカーに専念し、福岡市選抜に選ばれたこともある。同市南区老司中学時代はサッカー部とラグビークラブに所属。佐賀工業高校時代には3年連続で花園に出場(いずれもベスト8)。U17日本代表にも選ばれる。早稲田大学スポーツ科学部に進学し、1年時よりフルバックのレギュラーとして活躍。全国大学選手権優勝を経験。
2005年3月、日本代表に選出[2]。2005年4月16日、対ウルグアイ戦で日本代表デビューを果たした[3]。
2002年に行われた高知国体では、兄の亮と共に出場し、優勝。
2008年4月、トップリーグのヤマハ発動機ジュビロにプロ契約で入団したが、2010年度からヤマハ発動機の社員選手となっている。2010年9月4日の対NECグリーンロケッツ戦で、1試合でのトップリーグ新記録となる8ペナルティゴールを記録[4]。
2011年2月5日、2011-2012シーズンの得点王(182得点)およびベストキッカー(38G/32PG)を初受賞した[5]。
2012年1月6日、2012-2013シーズンの得点王(160得点)およびベストキッカー(40G/25PG)を2年連続2回目の受賞を果たした[6]。
2015年、ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれる[7]。本大会ではグループリーグ4試合に出場し1T/7G/12PGの合計55得点を記録、第3戦のサモア戦と最終戦のアメリカ戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選出、また大会終了後には大会ベストフィフティーンにも選ばれた。 同年11月4日、2016年シーズンよりオーストラリアのスーパーラグビー所属のレッズに加入することが発表された(ただし、現所属のヤマハ発動機には属したままでの加入となる)[8]。
2016年1月25日、2015-2016シーズンの得点王(83得点)を3季ぶり3回目の受賞を果たした。また、リーグ戦通算1000得点今季達成選手として特別賞を受賞した[9]。
2016年3月末をもって、ヤマハ発動機を退社。以後は、プロラグビー選手としてプレーする予定。
人物[編集]
2014年のゴール成功率81.4%を記録しているが、2015年のワールドカップでは、85%の成功率を目標に掲げていた。 2015年10月現在、日本代表テストマッチ最多得点記録保持者である。 同年、第28回小学館・DIMEトレンド大賞「話題の人物賞」[10]、「GQ Men of the Year 2015」[11]、Yahoo!検索大賞 2015・アスリート部門賞[12]を受賞 。 12月16日、日本忍者協議会から「マスター・オブ・ニンジャ」に認定された[13]。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック