FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

なんでか知らんが、熊本より鹿児島の方が栄えて見えた

先日熊本に行ってみた

で、九州の2位都市について考えてみた時に、熊本市の現状を見て違和感を私は覚えた

と、いうのも九州ではネット上でよく「九州2位」の県の座を熊本と鹿児島が争っているみたいな記事をよく見るが、熊本駅の前と熊本の繁華街が以前より寂れて見えたからだ


<店は入れ替わっていた>
私は熊本の上通り下通りを年明けすぐに訪れる前、熊本地震後3ヶ月後に熊本市に行ったことがある
その時と比較すると「閉店した店が多い」という点だ

九州の地方都市のように「衰弱した」都市では、地震や水害のような災害は、
即座に街の衰退につながる

なぜなら、事業主のモチベーションは長く続いた不景気で、下がりきっており
災害が「いい機会」となり、商売を立て直さず引退してしまうきっかけになってしまうからだ

もちろん熊本市は九州でも有数の人口をかかえているので、空きテナントを埋めることが出来ている場所が多い
しかし、地方の小規模な通りでは地震が来たら一気に衰退は加速するはずだ

建物の耐震性が足りず、工事が必要になった場合もう修理や補強せずに、解体してしまうわけだ

熊本でも建物があったはずの場所が更地になっている場所が見られた

グーグルマップのグーグルアースの機能で、過去の画像が見られるから、
スマホを持ちながら熊本市をさんぽすれば以前と比較できるのだ

熊本市は上通り下通り以外、人通りがガクンと減る

白川沿いを歩くと上通り下通りに近づくまでコンビニが無かったほどだ

<駅の周りに商業施設がない>
以前よりホテルも増えているはずなのだが、人は歩いていなかった一応JR九州によれば熊本駅は一日1万4000人が
利用している結構すごい駅なのだが、熊本駅前には商業施設といえるようなものはほぼ無く、駅ビル内の数店の飲食店と
土産物しかなかった

熊本市ほどの規模の街でこれまで駅周辺の開発をしなかったのは明らかに「熊本市の役人」の怠慢そのものであり
熊本市長の無能さの現れだと思う

ちなみに鹿児島市は本土最南端の県庁所在地ではあるが、駅の周りにはある程度の商業集積があるし、繁華街である天文館までの途中にも店はある
コンビニ平成30年1月11日2
鹿児島中央駅周辺のコンビニ

コンビニ2018年1月11日
宮崎駅周辺のコンビニ


しかし熊本の場合不思議なことに熊本駅のそばにはコンビニやドラッグストアですらわずかしか所在していないのだ

興味がある人はぜひグーグルマップで調べてほしいのだが、普通駅前はコンビニ激戦区で、
宮崎のような田舎ですら駅周辺に数店舗ある

しかし、熊本駅周辺には2店舗しかない

繰り返す2店舗しかない


熊本駅周辺のコンビニを見て欲しい、セブンイレブンとファミマしかないのだ
コンビニ熊本駅周辺2018年1月11日


そら熊本が寂れても見えるわなww

よく、熊本県民は「熊本は九州No1!」というが駅前だけ見たら私が疑問を持つわけだ

知らん人が駅前だけ見たら、栄えているのは鹿児島だと思っても仕方ないと思う
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック